« これぞ元祖「猫のポーズ」 | トップページ | うしこお嬢様のテーブルマナー »

2004.01.16

猫のフォークアートin BALI

文化人類学によると、芸術(アート)には大まかに2種類に分類する説があるみたい。
エリートの支援によって生産された芸術のための芸術作品「ファイン・アート(芸術)」。
中世ヨーロッパにおける宗教画や肖像画に代表されるのかな??
もうひとつは一般庶民が生活のために作り出した芸術的作品「フォーク・アート(民芸)」。
おみやげ屋さんで売ってる、民芸品ももちろんそう!
まやは、猫のフォークアートが大好きなんですぅぅぅ(><)

独身時代はお金と時間があると、ひとりでふらっと海外旅行に出かけまちた♪
中でも印象深かったのが、インドネシアのバリ島、山の中の芸術の村。ウブド。
極彩色なヒンドゥ芸術が、とってもステキーー☆

バリ島では、動物は神聖な生物として尊ばれていて、動物をモチーフとした作品がいっぱい。
そういえばヒンドゥ教は多神教で、動物をモチーフにした神様もいるもんね!
自然に囲まれて、ある時は恵みを、またある時は自然災害に遭ったりしてると
動物や木々…、それぞれに精霊が宿ってるって考えるのは、なんだかわかるかも(^^

キリスト教の発祥地は砂漠で、森や水など自然には恵まれない厳しい環境。
その頃の人たちは星を眺めては、自分の心? 神さま? と対話してたから
神さまはただひとつ…唯一神の概念が生まれたという説もあるらしいです。
たしかに回りに森がなかったら、精霊が宿るなんて、考えつかないかも。

日本で生まれ育ったまやは、温暖な気候のもと、自然に囲まれて暮らしてきたので
動物や木々に精霊が宿るって考え方は、とっても好きです。
子供の頃は夏休みに早起きして、近所の森? 林? に昆虫採集にいきまちた♪
早朝の森の独特の匂いと音に囲まれると、ホントに森は生きている…ってカンジしたもん☆ 

そうそう! ネコのお話をしなくちゃだわ☆
バリ島では、動物のなかでも猫は精霊信仰の対象とされてるらしいです♪
ギャラリーやおみやげやさんは、ネコ!ネコ!ネコ!
ネコぐっずでいっぱいなんですぅぅぅ〜〜(><) きゃーーー
でも貧乏旅行で、お金がじぇんじぇんなかったので、
安い木製のブローチとピアスを買ってきちゃいました♪

indonesia.jpg

鮮やかな緑やピンク。それにブルーの花がらにゃんこ。
すごいなー。こんな色や柄のにゃんこっていないよね! 発想が自由でいいなぁ。
壊れるともったいなくて、なかなかつけてお出かけできましぇん(><)
たま〜に引っぱり出して眺めては、楽しかったBALIに、心の旅をしたりして〜(^0^

ところでバリ島では「ネコは9つの魂を持っていて、殺したりなんかしたら、禍が起こる」
といわれているそうです。ネコは9つの命を持つ。いろんな国で聞く伝説だなぁ。
アメリカ映画「バットマン リターンズ」に出てくる、キャット・ウォーマンも
9つの命を持ってたしぃ。これって、世界共通なのかなぁ? 
発祥地や、どうやって各地に伝わっていったか、なんて調べてみたら
おもしろそうだなぁ…。

とりあえず「いつかやりたいこと」の引き出しに、しまっておこう(^0^

参考文献 文化人類学―伝統と現代 江淵 一公 放送大学教育振興会 2000
     世界の住まいと暮らし 服部 岑生 (編) 放送大学教育振興会 1999

|

« これぞ元祖「猫のポーズ」 | トップページ | うしこお嬢様のテーブルマナー »

「にゃんこzastugakuノート1+04/01-」カテゴリの記事

「ねこ☆goods自慢1+04/01-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。