« シュリ | トップページ | 太極拳と猫スリッパ »

2004.05.19

戦場のピアニスト

the_pianist.jpg2002年 フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス
監督 : ロマン・ポランスキー
出演 : エイドリアン・ブロディ

WOWOW放映の「戦場のピアニスト」を観ました。

エイドリアン・ブロディといえば、アカデミー賞で
主演男優賞を取った時の、プレゼンターの
ハル・ベリーへ、熱〜〜いちゅう〜〜 (*^3
翌年のアカデミー賞で、プレゼンターとして登場した時も、
オスカー女優とのちゅ〜を期待してか、お口をシュッシュして
なんてお茶目な人なんだろう♪ って印象が強かったんですぅ〜!

映画が始まって、彼が登場した時は「わぁ、ちゅうの人だぁ☆」
って思ったのもつかの間…。ぐいぐい映画にひきこまれてしまいました…。

実話をもとにして作られた、目を覆いたくなるような、残酷なホロコースト。
必死に生き抜いていく…というより、戦争の波に飲まれていくピアニスト。

「芸は身を助く」という言葉があるけど、
回りの人に認めてもらう…とか、そういう対外的なことだけではなくて、
絶望と隣り合わせの狂気の中で、いかに「正気」を保っていくか…、
いかにして淡々と静かに、理性をもった「人」として生きていくか…。
そういう意味でも、自分自身の「助け」になるのかな? って感じました。

あの時代を必死で生きた人、どうにもならなかった人たちのことを、心に
刻み止めながら、どんな状況でも、静かに精一杯生きていけたらいいなぁ…。


まや的カリポリは・・・★★★★★  ライ麦パンとジャム味

|

« シュリ | トップページ | 太極拳と猫スリッパ »

「cinema☆ぱらだいす1+04/03-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。