« 「大岡川」源流への道 | トップページ | うしこ爆弾☆投下 »

2004.06.13

ゲンジホタル☆上空通過!

   sakasaushi-thumb.jpg「大岡川」源流への道のつづきですsakasaushi-thumb.jpg


12viper.jpgうっそうとした森へはいると、木々でなんだか薄暗い…。散策路以外の場所は、崖などのキケンな場所が多いし、植物を傷つけたり、土が踏み固められて生態に影響が出るのでもちろん禁止です。大岡川源流のあたりは、特にホタルなどの生物保護のために立ち入り厳禁。それにこの辺は、マムシやヤマカガシなどの毒へびの生息地なので、「マムシ(毒へび)に注意」の看板を見てちょりっとびびるあたし。

がさがさがさ…。へ…へび!? 音のした方向に目をむけると、かわういタイワンリスがなにかを運びながら、何往復もしてるし(^^ りすさんもかわういなぁ…。でもおどかさないでよぉぉ! びっくりしたぁ〜。

12the_source.jpg川はついに泉のようになり、地面にも微妙に方向性のある水たまりのようなすじ…

おおっ☆これが源流なのか!?

思わず感動するあたし(T△T)

小鳥のさえずりや森に包まれたこの湧き水が、支流と合流しながら、昔ながらの商店街や住宅地、交通量の多い大通り、濱マイクも生息している(笑)ちょりっと闇の歓楽街を流れ、開発され進化し続けるみなとみらいへ流れこんでいくんだなぁ…。

なんだか横浜の縮図を見るよう。

じ〜ん…。

暗闇に目をならすために、そのままだ〜りんと森の中で、おしゃべりをしていたら、陽がくれる頃には小鳥のさえずりも聞こえなくなり、7時を過ぎたころにはだいぶ薄暗くなってきた。

あれ? 木々の間を、光る物体が移動している!?

7時半をすぎた頃には、水面では幼虫が、湿った土ではサナギが発光を開始。そして成虫は縦横無尽に森を飛び回りだす。

「あっちあっち、こっちも〜☆」

だ〜りんと興奮しながら、ホタルの光を探していると、光る物体がこっちに向かってやってくる。

そして、手が届くくらいの頭の真上を通過〜☆

ぎゃぁぁぁぁぁ!! カッコいいい〜!!

森のあちこちで、8時半ごろまで、ホタルたちの恋のパーティー。

今晩は、こんなにステキなパーティーにおじゃまさせていただき、ありがとうございました(>▽<)

ゲンジホタルの生息条件は、キレイな水があるだけではだめで、まわりにコケや草や木、そしてエサになるカワニナもたくさん生息していなければいけません。一昔前はあたりまえのように日本の里山にいたホタルは、ヒトによる自然破壊によって生息できる地域が限定されてしまいました。

いつまでも、源氏"濱"螢くんが安心して暮らせる、地元"YOKOHAMA"でありますように!

|

« 「大岡川」源流への道 | トップページ | うしこ爆弾☆投下 »

ぶる〜にゃいと☆yokohama1+04/01-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。