« ネコの時間、七夕の時間 | トップページ | 奥さまは猫耳娘 »

2004.07.08

太極拳から猫拳へ

週に1度、まみ〜と一緒に通っていた全10回の太極拳教室もきょうで終了。

型とか覚えられるといいなぁ…なんて思ってはいたものの、上手な人のまねっこするのが精一杯で、じぇんじぇん覚えられにゃい〜!!
でも太極拳の型って、動物の生態を参考にしたものも多くて、とってもおもしろいです♪
本来の野生動物の生態は息の仕方、獲物を狙うとき、子どもの育て方や寝相など、宇宙に満ちている気を十分取り入れた生活と言えるんだって!

今回習った楊式では「猫」の型はなかったけど、他の流派ではあるのかな?
また機会を見つけて、太極拳をもっともっとやってみたいなぁ…。

そして…いつか「猫拳」を習得して、うしこ師匠にお手合わせいただけたら、最高です☆

 08nyanken.gif

|

« ネコの時間、七夕の時間 | トップページ | 奥さまは猫耳娘 »

「猫拳masterへの道1+04/01-」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、太極バカのめーにゃと申します。
猫と太極拳にひっかかって来ました。
楊式太極拳における「猫」ですが、
要訣として「猫の様に歩け」というのがありますので、
立派に猫拳であると言えるのではないでしょうか。
あと、太極剣に「猫が鼠を捕る」という動作があり、
猫が獲物を捕るときの様にしゅぱっと跳躍したりします。

投稿者: めーにゃ (September 24, 2004 04:46 PM)


めーにゃさま、コメントありがとうございます!
HPも拝見しました!太極拳の情報がいっぱいで、ステキなHPですね♪(投稿者 まや をクリックするとURLへ)

楊式太極拳における「猫」は、たしかに記述がありますね♪ 思わずメモ↓

「両足は虚実を分けて猫の歩みの如く着地してはあげていきます。体重が左にかかっていれば左が実の足で右が虚の足です。虚とはまるで空のことではなく、実を絶やさずに伸縮変化の余韻を残しておきます。実とは確実なものですが、力みすぎてはいけません。故に足の曲げは体を垂直に保つためで、力みすぎて体重をかけすぎると身体が前傾し、中正の姿勢が失われます。」

楊式太極拳は立派に「猫拳」なんですね〜♪
また機会をみつけては、やってみたいとおもっています!

ところで「猫が鼠を捕る」という動作は「何式」太極拳にあるのでしょうか?
お教えいただけると、とってもうれしいです♪

投稿者: まや (September 28, 2004 09:20 PM)


最近HPは4年ほど更新してないのでダメダメです~(;;
「霊猫捕鼠」は「楊式太極剣」中にあります。

ところで、僕の妻は中国人で形意拳というのをやってるのですが、その中に「虎形」という両手を突き出す動作があります。
妻が家のまおちゃん(♀猫)のねこじゃらしを捕まえる動作を見て、
「これと同じだ」と申しておりました。
虎≒猫らしいです:D

投稿者: めーにゃ (September 30, 2004 12:03 PM)


めーにゃさま、お教えくださりありがとうございます〜!
「楊式太極剣」にあるんですね♪ 32式にあるんでしょうか?

私がやっていた教室は「初心者向けの楊式太極拳24式」です♪
今でも、ひとりではじぇんじぇん覚えてないのでできましぇん(汗)
でもまた機会をみつけて、ちゃんと覚えたいと思っています!

ところで奥様が中国の方なら、本場ですよね〜!
形意拳、すご〜い! 虎の形があるんですね!
やってみたくなっちゃいました〜〜♪

また「猫拳」のこと、いろいろとお教えくださいませ〜!

投稿者: まや (October 03, 2004 02:40 PM)


DATE: 10/05/2004 01:30:10 PM
32式太極剣には無さそうです・・
僕の言う「楊式太極剣」は伝統のものです。

24式太極拳て楊式と言われてはいますが、
実は元とされる伝統の楊式とはかなり違ってたりするんで、
機会がありましたら見てみてくださいませ~

投稿者: めーにゃ (October 05, 2004 01:30 PM)


めーにゃさま、またまたお教えくださりありがとうございます〜!
太極拳や太極剣は奥深いですね〜! しみじみ。
24式太極拳が、伝統の楊式とちがうなんて、びっくりです☆
機会を見つけて、また太極拳をしてみたいです〜!

投稿者: まや (October 08, 2004 10:13 PM)


本日、すべての記事をインポートし直したので、コメントもまとめさせていただきました。よろしくお願いいたします。

投稿: まや | 2004.11.18 17:02

この記事へのコメントは終了しました。

« ネコの時間、七夕の時間 | トップページ | 奥さまは猫耳娘 »