« うらみ節で、かつお節 | トップページ | 久遠寺の黒にゃんこ »

2004.11.24

湯ったり下部温泉、日帰りバス旅行

いつもまみ〜(母)と一緒に買い物へ行くホームセンターで、無料のバス旅行に応募できる券をもらったの。
まみ〜と一緒に、ご招待でバス旅行もよいかもぉ〜♪ なんて思いつつ軽い気持ちで応募したら、特賞の2名様ご招待はハズれたものの、まやだけ「見延久遠寺、湯ったり下部温泉の旅へご招待!」に当選してしまいました〜(^^

見延? 下部温泉?? どこ???
ってくらい、にゃんにも知らない場所だけど、「ご招待」と「温泉」の言葉が魅力的で、ひとりでバス旅行に参加だぁ☆
平日だし、ひとりで参加ということもあり、一番後方のシートを1列5席占拠しちゃって、セレブなチブン(ぐふ)。
これだったら、横になってもねれるぞぉ〜!
う〜〜ん、超ひさびさの観光バス! 乗り心地いいかもぉぉ♪

きょうの関東地方は絶好の行楽日和。
東名高速を御殿場ICで降りて、東富士五湖道路を行けば、富士山が真横に見える!

24mt_Fuji.jpg

すっごぉ〜い! 銭湯みたい〜〜(^^

だ〜りんとのドライブでは、まやが運転手なので、なかなか横の景色をじ〜っと見ることってないしにゃ〜。

富士山をながめながら中央高速に乗り、紅葉が見頃の山梨県をバスは走る。

まずは「わさび漬けセンター」に到着〜☆ 滞在時間は30分ほど。
いろいろな種類のわさび漬けを試食してみたら…んん、んまい(^0^/
だ〜りんは、わさび漬け大好きなので、おみやげに買っていこっと☆

そして次は、ジュエリーの工房みたいなとこに拉致される(--;;
金銀財宝には全く興味がないのに、超せまくてイスが堅い、ストレスたまりまくりな環境で宝石の説明を聞かされる。
その間はひたすら「忍耐」。
タダだからなんとか耐えられるけど、お金払ってまでこんな思いは、じぇったいにしたくないよぉ。

やっぱりあたしってば、団体のバス旅行に向いてないのかぴら??

なが〜い説明を聞いてからは2階の売り場へ連行されて、バスの出発時間はにゃんとまだ1時間先…。
定価30まんえんのジュエリーが15まんえんですとか言ってるし…、あほか。
こんなにいいお天気なのに、なんでこんなとこに1時間以上もいるんだぁ〜〜!!!
宝石はほとんど見ずに、そっこーバスに戻って横になって爆睡も〜どに・・・・。

やっと出発な時間になっても、ちょりっとご機嫌ななめなあたし…。
工房を出発して信号でとまると、バスの中からとうしがらとキジトラにゃんが、すりすりしている姿が見えるではありませんか!?

24kouhu_neko.jpg

か〜わ〜う〜す〜ぎ〜るぅ〜〜(>▽<)
一挙にご機嫌が直ってしまうあたし♪
う〜ん…、にゃんこの癒しパワーは、絶大だわん

そして目的地の「下部温泉、下部ホテル」に到着〜!
ここでの滞在時間は2時間弱。

まずはバイキングな昼食〜♪
長〜いテーブルに、ツアーの参加者がぎゅうぎゅうにすわる…(--;;
これじゃ、お皿並べるとこないじゃん!みたいな〜・・・

揚げ物とかそそらないけど、カレーライスと、山梨名物のほうとうはとってもんまかったです!
デザートもあったので、とりあえずひととおりげっと☆したら、んまくないかもぉ(--;;
でも責任喰いしましたよぉぉん!

やっぱり、あんなにぎゅうぎゅうのところであくせく食べてると、バイトしてた時の「まかない食」を思い出しましたん。
味はそこそこおいしいけど、リラックスできにゃい…みたいな〜。

時間も押し迫ってるし、気を取り直して、温泉にれっつごーー!

山梨県下で唯一名湯百選に選ばれた下部温泉。
庭園内に自噴する下部ホテル源泉アルカリ性単純硫黄泉は、美肌効果や冷え症など、特に女性に喜ばれる温泉として親しまれているとのこと。
確かに、お肌つるつるになっちゃいます〜♪

つるつる。(^^

それにこの天然鉱泉は飲み湯としても有名で、全国飲み湯番付では東の横綱。特に胃腸病・婦人病などに効く名泉なんだって。
んもぉ! ごくごく飲んできましたよん♪

ごくごくごく。(^0^

ふたつの温泉を行き来して、時間いっぱい何度も出たり入ったり…。
最近は原稿やりまくりで、首や肩、背中がぱき☆ぱきだったので、んもぉ血流がじんじんしちゃってる♪

じんじんじんじん。(><)

でもバスの時間が決まっているので、何度も時間を確かめるために、脱衣所をうろうろ…。
やっぱり温泉は、泊まりの方が時間も気にせずにゆっくりできて、いいかもぉ〜!

カラダがぽかぽかになったところで、最後の目的地「見延山 久遠寺」へ、向かいました♪

ー つづく ー

|

« うらみ節で、かつお節 | トップページ | 久遠寺の黒にゃんこ »

にゃんnyan探訪日記1+04/02-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。