« 湯ったり下部温泉、日帰りバス旅行 | トップページ | こたつがわりの床暖房 »

2004.11.25

久遠寺の黒にゃんこ

湯ったり下部温泉、日帰りバス旅行の続きです。

25red_leaves.jpg最後の立ち寄り場所は、「見延山久遠寺」。
日本3大門のひとつに数えられる三門をぬけて中に入ると、紅葉が神秘的に色づいてます。

三解脱門の略…三門と本堂を一文字に結ぶ287段の石段「菩提梯(ぼだいてい)」。
三門を経てここを登れば、悟りの境界の涅槃に到達することが、できるらしい。
1段の高さが40cmくらいあって、登っても登っても、頂上は見えにゃい(--;;
気合いで駆け上ったら、心臓はもうばくばく〜〜☆

いきなり景色は開け、身延山中腹に久遠寺の本堂が目の前に現れる!
ぐあ〜☆ ものすごい達成感だぁーー☆ はぁはぁ…ぜぇぜぇ…。
日蓮上人が入山し庵を構えたのが始まりといわれる古刹は、空気がピンと澄みわたっている。
なんだか、下界から離脱した(?)荘厳な雰囲気(^0^/
ちょりっとは、悟りは開けたのかにゃ?(なんちて♪)

日蓮上人の遺言により、遺骨が祀られている祖師堂は、とにかく彫り物が美しい。
龍に象さん…、狛犬みたいの?? きっと神獣なんだろうな〜。
神獣ふぇちなので、日光の東照宮みたいに絵はがきがあれば、ほしかったよぉぉん☆

甘露門の方に向かうと、赤い首輪をつけた真っ黒にゃんこが、優雅に毛づくろい…。
山の中で暮らしてるのかなぁ? 下山するのは大変だろうなぁ…、なんて思いつつも近づく。
黒にゃんは不穏な雰囲気を察知して、ガラスの引き戸のある建物の前まで走る!

にゃ〜〜ん☆

黒にゃんが鳴くと、「なんだ入るのか?」なんて声がして、建物の中に入っていきました。
お寺のにゃんこなんだね!

デジカメで撮りたかったので、近づいちゃってゴメンなしゃ〜いい(><)

針葉樹林に囲まれた「女坂」をゆっくり降りて、下山する。
下の景色が見えた時には、ああ…下界に降りてきたにゃ〜、ってしみじみしちゃいました。

バスの出発時刻までちょりっと時間があったので、門前町を散策。
ふと見つけてしまった、まっくろにゃんこの巾着袋。
久遠寺の黒にゃんこと、面影が似ているような…。

25kinchaku.jpg

身延山の想い出に、げっとして参りましたん♪

こうして想い出と共に、ネコぐっずが、どんどん増えていくんだった。

|

« 湯ったり下部温泉、日帰りバス旅行 | トップページ | こたつがわりの床暖房 »

「ねこ☆goods自慢2+04/07-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。