« ねてる猫をおこすな! | トップページ | ねころぐ☆ぶらんど »

2004.11.04

マルコヴィッチの穴

夜中のNHKの衛星放送で、映画「マルコヴィッチの穴」を観ました〜☆

マルコヴィッチの穴 DTSコレクターズエディション
マルコヴィッチの穴 / Being John Malkovich

1999年 アメリカ
監督 : スパイク・ジョーンズ
出演 : ジョン・マルコビッチ
   キャサリン・キーナー

人形を操るビルは生活苦。雇われたオフィスの部屋には、有名な俳優ジョン・マルコビッチの脳に入れる穴が開いていた。

現実に暮らしている世界から扉を開けると、不思議な世界に繋がっている…。
今でもよく、こんな夢を見る。
この作品には、そんな感覚がある。
日常の断片から、シュールな世界につながっていく世界観は、心地がいい。
コメディとして観るよりは、哲学ちっくに観た方がおもしろいかもしれません〜。
★★★★


そして午前ちうは、WOWOW放映の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を観たのだ〜!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン / Catch Me If You Can

2002年 アメリカ
監督 : スティーブン・スピルバーグ
出演 : レオナルド・ディカプリオ
   トム・ハンクス

16歳のフランクは、両親の離婚を機に家出。パイロットになりすましたうえに偽装小切手も使いこなす詐欺師になる。16歳から21歳までの間に400万ドルを稼いだ若い詐欺師の実話を映画化。

幸せだったファミリーの崩壊。詐欺師にならなくては生きていけなかった少年。
華麗な詐欺師としてのテクニックの中にも、そんな思いが見え隠れして、せつなくなりました〜。
人をだましてお金や社会的地位を手にしても、決して癒えることのない孤独感。
そして自らのファミリーは崩壊しているFBI捜査官との間に芽生える、奇妙な友情。
とっても共感できて、思わず涙ぼろぼろになっちゃいました〜(><)o くぅぅ〜
★★★★

Two little mice fell in a bucket of cream.
The first mouse quickly gave up and drowned.
The second mouse, wouldn't quit.
He struggled so hard that eventually he churned that cream into butter and crawled out.

2匹のねずみがクリームの中に落ちた。
1匹はすぐにあきらめて、沈んでしまった。
でも2匹目はあきらめなかった。
一生懸命にもがいているうちに、クリームが攪拌されてバターになって、はい出ることができた。

哀愁たっぷりなパパ役のクリストファー・ウォーケンが、とってもステキでした。
パパの名セリフがとても印象的だったので、メモとして残しておきます。

|

« ねてる猫をおこすな! | トップページ | ねころぐ☆ぶらんど »

cinema☆ぱらだいす1+04/03-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。