« ねころんで、ねこの日 | トップページ | うしがら猫ばっく »

2005.02.23

駅弁さわやか義経

先週にひき続き、まただ〜りんが出張帰りに東京駅で、駅弁を買ってくれましたん♪ ひゃっほう☆

050225yoshitsune1釜めし弁当(880円)と、みちのく味めぐり 駅弁さわやか義経(1300円)なり〜♪

左の釜めし弁当は、わりとありがちな感じだけど、右のお弁当は、NHK大河ドラマ「義経」も始まったことだし、高いし名前も長い!(笑)

中を開けてみると…

050223yoshitsune2

うわ〜! 豪華で目がくらみそぉ〜(☆o☆)

釜めし弁当の中身は…、茶飯、煮物(筍、海草入りこんにゃく、帆立)、鶏照り焼き、小茄子漬け、笹がきごぼう、椎茸煮、うずら卵煮、栗甘露煮、和菓子。
それぞれの味が、ひきたっていて、とってもおいちいですー☆

それと、なんといっても豪華なのは「みちのく味めぐり 駅弁さわやか義経」。
んもぉ〜超豪華で、おしくって、食べきれないほど! やっぱり高いだけあるにゃ〜ん!

〜お品書き〜が入っていたので、メモしておきます。

----------------------------

山菜ご飯
 白飯

 しじみとしめじの鞍馬煮
十三湖をイメージしたしじみと、山の幸しめじを義経の減点である鞍馬ゆかりの鞍馬煮に。
 山菜醤油煮 奥州近辺で採れる山菜を醤油煮にしました。
 いくら(三陸産) 「中尊寺・金色堂」の様に光輝くいくらを。
 バイ貝煮 武蔵坊弁慶が首から下げていた「ホラ貝」に見立てて。
 兜型かまぼこ
義経と言えば「兜」。戦国武将の象徴である「兜」を型どって。

玉子焼 戦いに必要なたんぱく源を当時は貴重であった玉子から。
さんまわた焼き 三陸産のさんまを昔ながらのわた焼きにしました。
蟹さつま 弁慶揚げ すり身と合わせた蟹爪を弁慶が持っていた武器に見立てて。

ジンギスカン甘辛煮
奥州から北海道に逃れ、蒙古の武将「チンギス・ハーン」になったという「義経伝説」にちなんで。

しし唐

煮物 義経を育んだ奥州各地の食材を煮物にしました。
 里芋 ホクホクした里芋を、ふっくらと炊きあげました。
 蓮根 蓮根のシャキシャキ感を残し、炊きあげました。
 玉こんにゃく 山形産の玉こんにゃくをじっくりと煮込みました。
 ほたて ほたて本来の旨味を崩さず、柔らかく煮上げました。

義経さくら饅頭
岩手の銘菓「ごますり団子」の松栄堂謹製「義経ざくら」。義経と静御前との出会いをほのかな桃色のお菓子に託して。

|

« ねころんで、ねこの日 | トップページ | うしがら猫ばっく »

「突撃☆おうちの晩gohan2+05/01-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。