« 震度5弱はすごく揺れるち☆ | トップページ | 夏コミ新刊、入稿しました »

2005.07.25

猫また焼酎

ただいま制作中の「映画は猫映」の小道具として、ずっと使いたかったお酒。

それは、猫映オーサカ支部(笑)のHさんからいただいた「猫また焼酎」。

ラベルの猫またのイラストもレトロ感あふれて、とってもステキ。

この小道具を使いたかったので、今の作品を制作中といっても、過言ではないかも(^^

25nekomata

我が家のうしこお嬢様の短いぴきぴきしっぽとちがって、猫またのしっぽは長くて、ふたつに別れていることが多い。

なんでにゃんこしっぽって、長かったり短かかったりするのかな?

イエネコの野生種はキジトラで長いしっぽのコだけど、人間と一緒に暮らすにゃんこは、いろんな種類のコがいますよね。

野生の環境では淘汰されやすいい、突然変異で出現した柄やしっぽを、人間が意図的に選択したために、いろんなばりえ〜しょんのにゃんこがいるらしいです♪

海外旅行して、よく感じたことは「しっぽが短いにゃんこ」が、とっても少ないこと。

しっぽを短くする遺伝子は、突然変異のしっぽを短くする(しっぽの骨の奇形)遺伝子が劣勢ホモにならない限り、表現型になりません。

(ただし、マンクスのしっぽがなくなる遺伝子は、ちがう遺伝子みたいです。)

とってもめずらしいハズなのに、日本のにゃんこは、なぜにしっぽが短いコが目につくのかぴら?

ネコと遺伝学」仁川 純一,2003によると、江戸時代に化け猫伝説がはやり、飼い猫が化け猫になるのを恐れて、人間がしっぽの短い猫を好んで選択して、増えていった…と記載されています。

たしかに、しなやかにうねる長いしっぽは、とってもミステリアスですものね。

話は変わって「猫ボトル収集家」なあたし。

猫ボトルのお酒はもったいなくて、とても開封することができません。

さかなさんも「猫また焼酎」をげっとされたご様子。

お飲みになりましたら、ぜひぜひどんな味だったか、お聞かせくださいませ〜(ぺこりん)

|

« 震度5弱はすごく揺れるち☆ | トップページ | 夏コミ新刊、入稿しました »

「にゃんこzastugakuノート1+04/01-」カテゴリの記事

コメント

 「猫また焼酎」は土曜日に友達んちに行って
飲む予定です。

 ミケも尻尾が短いので猫又になったら縦に伸びるにかなと想像しています。

投稿: Sakana | 2005.07.25 15:57

Sakana さん、週末は心おきなく、猫又にたぶらかされてくださいね♪
米焼酎だと、どんな飲み方をなさるのかな?
ここはひとつ「またたび水」の水割りで♪

投稿: まや | 2005.07.25 16:06

あらいいわねぇ。
わたしも、ゲットしたいものだわ~♡

でも、猫関係の酒はゲットしたまま飲めないで保存してあるので...
たぶん、ゲットしても飲まないでほぞんしてしまいそうにゃ。

で、おいしいのかにゃ?

投稿: NON@ねころぐ | 2005.07.25 22:26

NONさまっ! Web検索すると通販で売ってるみたいですよぉ〜!
ぜひげっとして、にゃんずとツーショットでBlogでの登場に期待しております〜!

わたしも黒ネコワインとか、ネコボトルだとなかなか開封できません。。。。
どーしても飲みたい時は、開封用、保存用と、2本げっとしてしまいます(^^

お味は、さかなさんのご報告を待つことにします(^^

投稿: まや | 2005.07.27 15:05

猫又焼酎は臭みやクセがないし、アルコールもさほど高くないので気安く呑めますよぉ♪
それでも20度以上はあるので、呑みすぎると化かされます(笑)

猫又焼酎のラベルの絵は鳥山石燕の「画図百鬼夜行」から採ったものですね。
日本の猫に尻尾が短いのが多いのは“尾の長い猫は猫又になって仇なすようになると信じられて、徹底的に嫌われた所為”って何かで読んだことがあります・・・がどなんでしょか(笑)

投稿: ひだか・なお | 2005.08.02 00:15

ひだかさんっ、いつもお世話になっておりまする〜。
猫又焼酎呑みすぎると化かされるのですねっ♪ たぶらかされてみたい〜。
ラベルの絵のご説明、感謝です。百鬼夜行ということは、そのほかいろんな妖怪さんも描かれているんですか? 探してみなくてわ!
日本ネコに短いのが多いのは、やはり猫又な記述があるんですね〜。
猫な民俗話、またいろいろとお聞かせくださいませ〜(ぺこりん)

投稿: まや | 2005.08.02 04:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 震度5弱はすごく揺れるち☆ | トップページ | 夏コミ新刊、入稿しました »