« ひなまつりのチラシ寿司 | トップページ | 冬眠から目覚めるくわ »

2006.03.06

アカデミーな伝記映画

きょうはハリウッドの祭典、アカデミー賞受賞式だぁぁーーー☆
グラミー賞の時は、インフルエンザでねこんでいたので、おうちで生中継をみれたんだけど、本来なら出勤な平日の朝 ・・・。
でも、休暇届けを出してしまったのでしたぁ〜(でへでへ)
受賞作は、来年の今ごろ、WOWOWとかで観れるかぴら〜??

そんなわけで、昨年のアカデミー受賞作2本の感想で〜す!


Ray / レイRay / レイ / Ray

2004年 アメリカ
監督 : テイラー・ハックフォード
出演 : ジェイミー・フォックス
   ケリー・ワシントン
   レジーナ・キング

ジョージアの貧しい家庭に生まれたレイ。視力は失いながらも独自のソウルミュージックで成功するが…。

ご存知、レイ・チャールスの伝記映画。
聞き覚えのある名曲たちに、こんな背景があったなんて、なんだか感慨深い。
そしてジェイミー・フォックスの名演技! ホントにレイ・チャールスみたい〜♪
栄光の影に見え隠れする心の闇も、なんだか切ない。。。
名曲「我が心のジョージア」なエンディングでは、思わずうるうるしちゃいましたよぉぉ〜(ToT)

★★★★

 

アビエイター / The Aviator 2004年 アメリカ・日本

アメリカでは有名らしい、ハワード・ヒューズ。(知らないち)
映画を撮ったり飛行機で空をとんだり事業をしたり…。
なんだよぉ、成金にぃちゃんの道楽映画かYO! 感情移入できねぇ〜…なんて思っていたら、強迫神経症な描写…すごいです!
レオナルド・ディカプリオの熱演も、光ってましたぁ〜☆
それになんといっても大迫力の飛行機シーン! 劇場で観たらすごかっただろうにゃ〜(^^

キャサリーン・ヘプバーン役のケイト・ブランシェットも、かなりそっくりだったらしい。(よく知らないち)
せっかくの伝記映画だから、主人公や事業のこと、その後の人生なんかも最後にちょりっと紹介してほしかったかも。

★★★★

|

« ひなまつりのチラシ寿司 | トップページ | 冬眠から目覚めるくわ »

「cinema☆ぱらだいす3+06/01-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。