« オールドタウンとメキシカンフード | トップページ | カリフォルニアの夕陽、そしてサンタモニカピア »

2006.06.16

ワイルドアニマルパーク

サンディエゴ市街から15号線を北上し、Via Rancho Pkwayに出る。
ほんの30分くらい走っただけなのに、道の回りには人気はなく、乾いた山と荒野が広がるばかり…。
こんなところに、ホントに「ワイルドアニマルパーク」があるのかぴらぁ???
なんて不安になっていたところに、エントランスの看板が〜♪

夢にまでみた「ワイルドアニマルパーク」に、れっつごー☆(^0^/

サバンナをそのまま再現した本格サファリパークは、サンディエゴ動物園の分園。
広大な土地に放し飼いにされている動物たちの、野性味あふれる行動を観察するには最適な場所。
まずは動物を見ながら園内を1時間かけて一周してくれる、園内鉄道に乗車☆

0616railway

フィールドに出ると、まずはぞうさんファミリーが、砂をかけて日焼け対策☆。
これだけ暑いと動物たちも大変だよね〜!
大きい身体のサイも、のっしのっしと行進しています。
そして草食動物の群れ、群れ、群れ〜!!
しかも、各種の動物たちの間には柵やオリはなく、ひろ〜いサファリに、点々と群れているんですぅ〜(>▽<)

線路をさかいに、左がアフリカライオン、右がスマトラトラのポイントを通る。
さすがにトラとライオンが同じフィールドにいるのは問題があるので(笑)ここは線路と柵で行き来ができないようになっています。
ものすご〜く目をこらしてみると、遠くにライオンらしき点がぁ〜(汗)
トラさんはじぇんじぇん見えない〜(T▽T)
真っ昼間の炎天下に、ネコ科がうろうろしてるワケもないよね〜(涙)

チーターが住んでいるフィールドの近辺を鉄道が通過しても、もちろんチーターの姿は見えず…(涙)
間近に確実に観察することはできないかもしれないけど、広い大地を自由に闊歩している動物タチを観察できるのは、動物スキには感動モノっ☆
鉄道の発着所ちかくには、種の保存を目的とした研究施設や動物病院の建物が見えます。
ワイルドアニマルパークは動物を展示するだけではなく、動物園などの動物タチが怪我や病気をしたときに治療したり、絶滅しそうな動物を保護・繁殖させるための施設。
種の保全に対して、こんなに大きいプロジェクトができるなんて、アメリカってホントすごいっ国だなぁ〜って感心しちゃいましたぁ☆

0616refill鉄道でフィールドを一周した後は、お昼もまわったことだし、まずは腹ごなし。
エントランス付近には、何軒かカフェやショップがあって、ゆっくりとくつろげる雰囲気。
これからは先はショップもない、大自然なウォーキングコースを歩くので、栄養を補給しておかなくてわ☆
チキンの照り焼きボウルとサラダを、だ〜りんとふたりでシェアして食びる。
飲み物を入れるカップは、追加料金を払うと、動物のスーベニアレフィルに入れてもらえるのだーー☆
咆哮しているライオンさんもあったけど、ウンピョウに似ている(笑)ネコ科のレフィルをげっとして、奥タマはごキゲンに♪(ぐふぐふぐふ)

お水もたくさんげっと☆して、まずは「ライオンキャンプ」にれっつごぉー!

ライオンキャーーーンプ☆
Lion Camp!!  Lion Camp!!  Lion Camp!!  Lion Camp!! 

またも大コーフンで、ひとりおたけびをあげながら行進する妻。
『LION CAMP』とかかれた看板目指して、ガラスばりの展示コーナーの前に到着!
しか〜〜し!!

ライオンさんが、いにゃ〜〜いいい
il||li _| ̄|● il||li

ハイテンションで現れて、がっくり肩を落としてる妻に、飼育員のおじさんが優しい表情で話しかけてくれました。
「さっき、子供たちが手をガラスにあてたり騒いだから今はここにはいないけど、今はあっちでトラックに乗ってるよ」
トラックに乗ってるって?? まやの英語のヒアリングがダメぷーなので、聞き間違えたのかぴら??
なんて思っていたら…

0616lioncamp1

ホントにライオンさんが、トラックに乗ってるお〜〜(>▽<)
しかもトラックの中では、メスライオンがお腹を上にして、曝睡してるんですよぉぉぉぉ〜〜!!

ライオンさんとあたしたちのとの間にオリはなく、ちびのまやがひじをつけるくらいの低い塀と、溝がほってあるだけ。
こういう広々としたところで、のんびりくつろいでいるライオンさんを見てると、癒されるにゃぁ〜♪
んもぉ…ライオンキャンプ! 最高!!

0616okapi平日ということもあってか、ウォーキングコースは人もまばら。
コース沿いには柵越しに、いろんな種類の動物が。
よこはま動物園ズーラシアでは、いつも人だかりのオカピも、ここではだ〜りんとふたりで独占状態!

チーターポイントではチーターを観察することはできなかったので、久しぶりのショップで冷たいお水をげっと☆
そして、テラスでちょりっとひと休み。

大自然の湖をみわたしながら、たくさんの野生の鳥さんやリスさん…、そしてうさぎさんまでもお出迎えしてくれました。
耳をすませば、いろいろな生き物たちが奏でる音がいくえにも重なって聞こえてくる…。
だ〜りんとふたりで、しばらく生命のシンフォニーに包まれながら、思わず夢見心地に…。

日本からはるばるサンディエゴに旅して、ホントによかったよぉぉぉぉ〜ん!!

出口まで歩いていく時間を考えると、早くもそろそろ戻らなくちゃなお時間にぃ〜(TT)
帰りがけには、やっぱりライオンキャンプでしょぉ〜(^0^

さっきはライオンがいなかった、ガラスばりの展示コーナーに突撃したら…

0616lioncamp2

夕方になったせいか、ライオンさんってばガラスぞいを、うろうろと活動しまくりぃぃぃ〜〜(>▽<)

しかも人間に興味があるのか、ガラスごしからじっとこっちを見ていたり…。
きゃ〜!! ライオンさんってば、やっぱり顔でかーーい!!
それに、なぜだか前肢のひじの後あたりに、毛がはえてるぅぅぅ〜!!!
インドライオンは確かはえてなかったから、アフリカライオンのオスははえてるモノなのかなぁ?
そりとも…、この個体だけ??

んもぉ、ライオンキャンプを堪能しただけでも、ワイルドアニマルパークに来たかいがあったってカンジ〜〜!!(ぎゃーー)

0616dikdikかわういディクディクがいる出口付近に到着したころには、もう閉園時間まじかに…。
一日という短い時間では、ネコ科の動物をはじめ、いろいろな動物たちを効率よく見ることはとてもできないけど、今まで訪れたどんな動物園よりも、この「ワイルドアニマルパーク」が大好きになりましたぁ(^0^
今度はナイトがやってる時期に、もっとトラさんのところまでウォーキングゾーンを歩いてみたいなぁ…。
3日くらい通って、ワイルドアニマルパークを、散策してみたいかもぁ〜〜

|

« オールドタウンとメキシカンフード | トップページ | カリフォルニアの夕陽、そしてサンタモニカピア »

「wakwak☆動物園にっき1+04/02-」カテゴリの記事

アメリカ西海岸、ドライブ旅行+06/06」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。