« ぎりぎり☆確定申告 | トップページ | 野毛山動物園と横浜の下町「野毛」 »

2007.03.18

ヒトと動物の関係学会 第13回学術大会

3/17〜18は東京大学にて「ヒトと動物の関係学会」の、第13回学術大会が開催されました。

17日のみなさんの発表はそれぞれの立場から動物についての熱い議論がかわされ、とても勉強になりました。
そして懇親会にも参加させていただき、動物にかかわっているいろいろな方から、有意義なお話を聞くことができました。

そして18日の朝一番に、わたしの発表です。
演題は「地域猫の採餌行動」。
何回もおうちで発表の練習をして、パワーポイントも作り直しました!

準備にベストは尽くして、いざ壇上へ☆

070318hars

用意した原稿と資料のおかげで、時間内に発表を終わらせることができ、質問にもなんとか答えることができました。

…はぁ、とりあえず無事に終わって、本当によかったぁ〜〜(ほっ)

次の演題は、地域猫の発案者でもあり、現在横浜市西区役所でご活躍の黒澤泰先生。
いろんなところで講演されているので、やっぱり余裕があってうまいなぁ〜。

発表が終わった後も、ロビーで黒澤先生と話していたら、地域猫に興味をお持ちのたくさんの方から、声をかけていただくことができました。
また、ネコの研究をされている方とも、情報交換もできて、ものすごく有意義な時間をすごすことができました。

最終学歴はデザインの専門学校だったわたしは、放送大学に入学するまでは、論文を書いたことさえありませんでした。
6年間のネコの行動研究で卒業論文を提出し、こうして学会で発表するという、とても貴重な経験をすることができて、本当に感無量です!

4月からは大学院。
また学会のシンポジウムや月例会などにも参加して、動物に関することをいろいろと勉強していきたいと思っています。
そして、2年後の学術大会で修士論文の研究発表を目標に、少しづつ勉強していけるように、がんばります!

|

« ぎりぎり☆確定申告 | トップページ | 野毛山動物園と横浜の下町「野毛」 »

奥さまは大学生3+平成18年度卒業研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。