« 通学路のねこだまり | トップページ | 臨床心理学実習B:バウムテスト »

2007.05.20

都市計画演習

週末は放送大学のスクーリング「都市計画演習」です。
ネコの行動や生態に興味があるので、今までは「ネコ」の立場から、理学を主に勉強してきたんだけど、修士論文を書くにあたって、もっと人間の立場から論じることができるように「工学」とか「社会学」も勉強したいので、この科目を追加登録してみましたん♪
それに、講義をただ聞くタイプのスクーリングよりも、なんか実験や実習したり、歩きまわったりな「演習」方式の授業の方が、スクーリングならでは! だもんね!

初日の午前中は「都市計画・まちづくりにおける住民の役割」な講義を受けてから、午後は生活地区(商店街・住宅街)を実際に調査。
商店街班と住宅街班に分かれるとのことなので、まやは住宅街班を志望。
1時間くらいの現地調査の後は、教室に戻ってグループごとにポスター制作をして発表の準備。
まやのグループは、リタイヤしたおじさまふたりとまやの3人グループ。
まずはワークショップ形式で、ポストイットにアイディアをどんどん出して、地図にはっていく。
おじさまがたはさっすがに見るところが深いので、インタビューに徹して1時間で箇条書きに!
残りの30分はポスター書きはまかせてもらって、下書きなしでマジック片手にがしがしと模造紙にかきまくり〜♪

070520toshikeikaku

猫とか川べりの動物とかお絵描きとか入れて、さらさらと描いてたら、おじさまたちに「うまいねぇ〜」って絶賛されてうれしかったよぉ〜(T▽T)
(プロでお仕事してると、お絵描きはあんまりほめてもらえなんだもん…なんちて)

そして発表は、おじさまにおまかせして、学生や先生もまじえてのディスカッション☆
「グラフィックは完璧☆」って、先生にもほめられちゃったぁ〜〜(でへでへ)←よっぽどうれしかったらしい…(--;

そして2日目のきょうは、都市再開発の成果と問題の発見。
午前中は上大岡駅に現地集合し、まずは先生の説明を聞きながらの現地調査。
交通渋滞がひどく雑然としていた上大岡周辺は、大規模市街地再開発により、すっかり整然とした雰囲気に。
でも都市って、いろんな法律に基づいてできてるんだなぁ…。
そして、各自調査をしてごはんを食べて、午後からはひとり5分の持ち時間でスピーチで発表するとのミッションが〜〜!!
5分でまとめるのは、けっこう微妙な時間なので、ちゃ〜んと原稿をつくらなくちゃまとまらないよぉぉ〜〜☆
早めのお昼ごはんでお店にこもって、が〜しが〜し☆原稿をかきまくって、教室に戻りました!

同じ地区を歩いたのにもかかわらず、学生のみなさんのテーマはそれぞれ多岐にわたっていて、ものすご〜く興味深い。
防災、福祉、経済効果、交通渋滞解消を含めた都市の機能、排ガス問題…etc…、みなさん5分できちんと論じていて、すばらしいですぅ〜(T▽T)

まやは「街の景観」というテーマで、スピーチを。
あたしが即興で論じることができるのは、やっぱし環境・生態系と芸術工学を含めたアートだけなんだもぉぉ〜ん(汗)
まだまだ勉強が足らないねっ!

今回の授業では、「都市計画・まちづくりにおける住民の役割」がテーマだったけど、「プレゼンテーション」にも重点がおかれていて、ものすご〜く勉強になりました(^^

これからは地方自治体の政策や都市計画など、「まちづくり」な勉強もいっぱいして、ネコと人が一緒に暮らすまちづくりを考えていきたいにゃ〜(なんちて)

|

« 通学路のねこだまり | トップページ | 臨床心理学実習B:バウムテスト »

奥さまは大学院生4+平成19年度」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。