« バイオテクノロジーを考える | トップページ | 奥さまは猫耳娘 その10 »

2007.07.09

金沢・茶屋街めぐりと金沢猫

7月6日の夜行バスで横浜を出発して、7〜8日は金沢でバイオテクノロジー実験を。
7日の夜ごはんは、近江町市場で食べた海鮮定食が、すっごいおいしかったのれした。
そして宿泊したのは「加賀の湧泉 ドーミーイン金沢」。
1泊天然温泉大浴場つきで、にゃんと3,900円!
12時間の滞在で、4時間くらい温泉につかっておりました〜(-▽-)
ホテルの屋上に露天風呂があって、とっても気持ちよかったよぉ〜ん。
日々のデスクワークでぱんぱんな背中とか肩に、血がめぐるぅ〜…。(@w@#)

8日の実験は、3時すぎに終了したので、夜行バス発車までしばし金沢観光を。
まずは、金沢工業大学からちょりっと歩いて、北陸鉄道電車石川線「野々市工大前駅」へ。
路線バスも便利でいいけど、やっぱりいろんな電車に乗るのが楽しいにゃ〜☆
終点「野町」で下車して、にし茶屋街を目指す☆

昔ながらの茶屋様式の建物が立ち並ぶ茶屋街は、金沢の情緒が色濃く感じられる。
しかし、夕方の茶屋街はあんまり人気がなく、閑散とした雰囲気。
とりあえず通過して、長町武家屋敷跡から片町〜香林坊までお散歩。

近代文学館横から「金沢ふらっとバス」に乗り、兼六園を抜けて梅の橋まで。
ちょりっと迷いながらも、ふたつ目の茶屋街「ひがし茶屋街」に到着。

にし茶屋街はほんの一角だったけど、こちらはちゃんとした城下町。
ガイドブックなどには「夕刻には三味線や太鼓の音が聞こえ、風情を感じさせる。」とあるが、タクシーで乗り付ける観光客が数組いるだけで、あたりは静まりかえっている。
お茶屋の一般公開は閉館時間に追われそうだし、お抹茶とお菓子も急いで食べるのも寂しいので、やはり茶屋街をひととおり流して、川沿いでひと休み。

ちょっとした広場に木製のベンチがあったので、持っていたパンをかじると、なんだかどこからか視線が…。

070709neko

 金沢猫、ついに現る!

ねこたん、なぜだかヒトなつこくて、一緒にベンチにすわってきた。
近くでねこたんを眺めていたら、ものすご〜く癒されちゃって、いっぱい歩いたせいか猛烈な睡魔が…。
こ〜ゆ〜時は、とりあえずねるのが一番!
ベンチに寝転がって、ねこたんと一緒に、ねんねだぁ…。

うう…、究極の幸せにゃ〜〜…
ぐ〜〜……zzZZZ……

……ふと目をさますと、すでに1時間以上たっていた。
ベンチのねこたんはすでにいない。
もう、どこかへ行ってしまったのかぴら? なんてちょっりっと見回すと…。

にゃんと、ねこたん、増殖している!

キジトラ2匹に真っ黒1匹、黒白1匹にキジトラの仔猫まで!

しばらくすると、おばさんがごはんを持ってやってきた!
ここは猫の餌場で、ごはんの時間だったのだーー!!

猫好きの血をわかっていただけたのか、おばさんと猫の話で盛り上がる。
そのうちご近所のおじさんおばさんも交えて、井戸端会議に!
金沢弁に包まれて、なんだかとっても心地がいい。
ずっとずっと、ここにいたいけど、そろそろ夜ごはんを食べたり帰り支度しなくちゃの時間に…。

「お先に〜」
とごあいさつして、たち去ろうとすると、ごはんをあげてるおばさんは、あたしを旅人と知ってか知らずか
「また、来てや。」
って言ってくれた。

なんだかその言葉が、とってもうれしかった。

070709kazuemachiそれから浅野川大橋下流の左岸にある3つめの茶屋街、主計町茶屋街へ。
川沿いのライトアップされた茶屋街は、川からの風が気持ちよく、しっとりとした雰囲気。
メインストリートをうろうろしていたら、茶トラにゃんこを発見☆
うねうねと曲がりくねった「奥の猫道」をにゃんこの後をついていったら、暗がり坂の石段があらわれて、茶トラねこは闇に消えていった…。

金沢の茶屋街を歩いて感じたのは、人妻ひとり旅では持て余してしまうところだなぁ…と。
三味線の音がどこから聞こえてくる中、気のあう友と蝋燭の薄明かりの下、しっぽりと一杯のみつつ密談なんてしたら、情緒あるよなぁ…なんて思いました。

「おぬしも悪よのう…、うっひっひ。」みたいな〜(笑)

夕暮れの茶屋街にひとりたたずんでいたら、なんだかちょりっとおセンチになってしまったあたち。
愛するだ〜りんとうしこの待つ我が家が急に恋しくなりながら、「金沢人妻ひとり旅」は幕を閉じるのであった。


- - - - - - - - - -

070709kittyご当地キティこれくしょん

左は前回富山で買った、黒部トロッコ鉄道キティ。
金沢では気にいったキティがなかったので、右はおとなりの福井県「福井竜」キティなのれす
福井の恐竜博物館にも行ってみたいにゃー

070709basyo
富山県、有磯海SAのスタンプ

「早稲の香や 分け入る右は 有磯海(ありそうみ)」
松尾芭蕉さんてば、「奥の猫道北千住」を出発して、
こんな遠くまで歩いてきたなんて、すごすぎるぅ(><)

|

« バイオテクノロジーを考える | トップページ | 奥さまは猫耳娘 その10 »

「にゃんnyan探訪日記2+05/09-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。