« Nippon2007 1日目 はじめてのワールドコン | トップページ | Nippon2007 3日目 おたくと萌えとSFと »

2007.08.31

Nippon2007 2日目 ファンジンアレイ出展

昨晩は真夜中に帰宅した葉月カントクと一緒に、ポストカードの印刷…そして、英語のPOP製作ニャ!

070831nya→ → → クリックで拡大☆ → → →

猫映(にゃんえい)ワールドを英語で話す時に、最初に説明すべきは「ニャ」な存在。
日本で「ニャ」といえばネコの鳴き声だけど、英語では「Meow」。
惑星地球がパラレルワードではなぜ「肉球」なのか? などを紹介したイラストボードを作ってみましたニャ!

そして‥「猫映とは?」な英訳も表示。

070831whats

What is "NYAN'EI"?

NYAN'EI is a major movie production company in another world that is called "Planet NIKUKYU".
Cat accomplished original evolution and they made up original culture in NIKUKYU world.

In 1960's, the country of "NYAPPON", they are crazy about cat monster films produced by NYAN'EI.

At that time in human world, children in Nippon are crazy about some monster films, such as Gamera by Dai-ei, Godzilla by Toho and more.
Especially Godzilla is known well now. Even some adults are crazy about monster films and these become popular in Nippon, Japan.

Also it is the story of cats who staked their life on NYAN'EI .
someone said... "NYAN'EI is the films that is the one and only..."

平日なきょうは、葉月カントクはお仕事は休めなかったけど、朝一の設営だけ手伝ってくれたのれしたん。
11時ごろに設営が終わったので、葉月カントクがいるうちにコンスィートでおにぎにでもつまんでこよっかなー♪
なんて思っていたのに、まだおにぎには出現していなかったのだーー☆
(どうやらお昼ごろに出現するらしい)

おかしをちょりっとつまんでブースに戻り、葉月カントクはお仕事に‥。
あたしはひとり、コミケで着た和風メイドで戦闘フォーム完了〜☆
いちおーSF大会とゆーことで、猫耳は持ってこなかったんだけど、なんだかおとなりスペースでは猫耳持参だったり。
持ってきたら猫耳でおそろになったのに、なんとメイドカチューシャしか持ってきていなかったあたし‥。
ちょっりと悔やまれるなー。
やっぱりイベントに猫耳は必需品だったわー。
などと思いつつも、ひとりまじめに売り子として働くのであった‥。

「どうぞごらんくださ〜い」

日本人の方が展示の前で足をとめてくれると、いつもこのように話しかけるあたし。
今回は、外国人の方が足をとめてくれたら、すかさず

Hi
Hello!

笑顔で話かけるですよぉ〜(^▽^*)にぱ☆

そして猫映ワールドに興味を持ってくださる方にはイラストボードを指差しながら、世界観を英語で説明。
イラストボードをデジカメで撮影する外国人の方も多数。
すごい‥、なんだかあたしのテキトーな英語が、けっこう通じてるっぽいYO!

Oh! CUTE!!
It's so funny!!

外国人の方は大爆笑で、ポストカードがすっごい売れ行き!!
同人誌も手にとってくださる方が多いんだけど‥

Oh! I can't read Japanese....

とっても残念そうな表情をして、めくるだけで、日本語の同人誌を買ってくださるのは、やっぱり日本人のお客さんなのであった。

そんな中、同人誌「ニャンダーバード」をめくりながら、コレ持ってる…とつぶやく外国人の方がぁ〜〜!

2年前のコンベンションに参加したか?と英語で聞かれたので

It's my first convention!.

とお答えしたところ、少し考え込んでから

Oh!!  コミケットスペシャル!!

見覚えのある缶バッジ‥。
なんと、2005年3月のコミケットスペシャルでお会いした、ロンドンアニメクラブの Mr. Dragon なのであった(うきゃー)

Mr. Dragon 、前回お買い上げ下さった同人誌「ニャンダーバード」を気にいってくださったらしく、ニャンダーバード以外の全ての猫映同人誌をお買い上げ〜(T T)
猫映を知ってブースに来てくださる方の存在は、いつもホントに心強い。
そして、Mr. Dragon は初めての海外からのリピーターなお客様となったのであった。

こういう出会いがあると、またワールドコンに出たくなっちゃうよぉ〜☆(号泣)
またどこかで、Mr. Dragon に会えますように♪

ひとりでもくもくとポストカードの袋詰めをしながら売り子をしていたら、お昼も食べてないち、ちょりっと疲れが‥。
15時すぎにファンジンアレイを見回すと、自スペースを放棄して、企画に行ってる方もちらほら‥。
ポストカードも売り切れてる種類もあるし‥。
せっかくのワールドコン、あたしもちょりっとうろうろしちゃおっかな〜(てへ☆)

きょうは店じまいなのをお隣に伝え、ファンジンアレイを離脱。
もしかしたら、14時からの「デンキネコ それなりにおおきめの上映会プラス J」が、ちょりっとだけでも見れないかな〜なんて向かってみたら、上映終了なのか、会場は誰もいなかった‥(涙)
コンスィートでおいなりをつまみながら、葉月カントクに大盛況なのと、ポストカードが売り切れたことをケータイメールで報告。

そしたら‥

「ポストカード、ストックないから買っといて〜
 帰ったらプリントする!!」

なミッションが〜〜!!!
画材屋さん、何時までやってたっけ?
ファンジンアレイは18時までなので、閉めたらうろうろしようと思ってたのにぃぃ〜〜(T T)
でも、猫映世界進出のためには、仕方ない‥か‥?(なんちて)

こーなったら18時までは企画を楽しんでやるぅぅぅ〜〜☆

16時からのタイムスケジュールを見ると、2時間枠で興味深い2つの企画が同時に開催されているぅ〜。
永井豪先生、辻真先さん他の「知材としてのSFマンガ・アニメ〜文化を発信する国として J」。
雨宮慶太監督、小坂一順さん他の「日本特撮TVヒーローの現在 J」。
どっちに参加しようか、すっげー悩む。
SF大会では、カラダがいくつあっても足りないことを実感(うわ〜ん)
永井豪先生はメディアで何度かおみかけしているので、今回は雨宮監督を見にいこうかなぁ〜vvVV

1時間もしくは2時間ワクで各会議室で行われている企画は、ふつうは10〜15分前には終了し、次の企画の準備に入る。
16時5分前くらいに入室したら、なんだか前の企画のサイン会の長蛇の列…。
ぜんぜん終わる気配がない…。

誰よ? こんな時間までサインしてやがるのは!?
なんてちょりっとムッとしつつ、壇上をながめに行ったら、にゃんとスタートレックのスールーではないですか!?
初めて見たのは、もう何10年前になるのかわかんないけど(笑)スールー役のジョージ・タケイさんは、髪はちょりっと白くなったモノの、若々しくて雰囲気が変わらな〜い!
その場で大きめのプロマイド?を購入すれば、サインがもらえるらしいvvVV
すっげー、あたしもサインほし〜〜♪(え?)

なんて思っていたら、16時もまわり長蛇の列ごとサイン会は移動に…。

一瞬ついていこうかと悩んだけど、ここは初志貫徹で雨宮監督にこの時間を捧げることにぃぃ〜!

映像等の準備があってか、15分くらい押しで始まった。
司会は特撮に詳しい池田憲章さん。
そして「ゼイラム」「鉄甲機ミカヅキ」「牙狼」など、オトナの特撮なイメージが強い雨宮監督と、CG製作オムニバスジャパンのリーダーこと、小坂一順さんの3名がパネリスト。
深夜枠で放映されてたものすごーーい映像の特撮ホラー(なの?)「牙狼」の制作現場のお話がメイン。
雨宮監督の作品は、幻想的でちょりっとダークなイメージがあったので、どんなお話をされるのかわくわくしてたけど、ものすごーーくユーモラスな口調で、会場は笑いに包まれる…。
「牙狼」のCGカット数は、特撮TVヒーローモノではありえないくらいの多さで、特にCG制作はものすごい過酷な現場だったとか。
現場では今までとちがうぞ…変だな? と気づいた人はひっそりと去っていき、よくわからないまま小坂さん率いるオムニバスジャパンが、ものすごいクオリティのCGを作り続けたらしい。

みなさんにお見せしたい、ものすごーーい映像があるんですよ!

司会の池田さんが期待をさせるけど、機材のセッティングがなかなか上手くいかずに映像が出ない(^o^;
そのおかげで、映像が出るまでまた雨宮監督の面白いダベリが聞けるという、なんとも楽しい企画であった。(笑)

苦節1時間(笑)試行錯誤のスタッフの機材セッティングで、とうとう映像キターーッ!

070831garo

ダイジェストとCGのメイキング画像の上映。
やっぱりすご〜いい! すごすぎるぅぅぅぅ(>▽<)
そして、メイキング画像を見ながらの想い出話(笑)
雨宮監督と小坂さんのやりとりが絶妙で、あ〜…、こういう現場でこんなすごい作品ができたんだなぁ…なんてしみじみ感動してしまったのでした…(T T)

牙狼<GARO>はここからちょりっと視聴できますっ☆ 見るのだーーっ

それから牙狼<GARO>を初め、パワーレンジャーなどのアクション監督である横山誠さんと、仮面ライダー電王などたくさんの特撮作品の監督をされている田崎竜太監督のビデオ出演。
おふたりは今「仮面ライダー THE NEXT」の撮影が佳境で、コンベンションには参加できなかったとのこと。
撮影現場などの映像を上映していたら、あっと言う間に18時に…(T T)

このように、現在現場で活躍されている多数のクリエイターな方々に、SF大会ではお会いできちゃうのがすごいところです!

感動を胸にしつつも、ファンジンアレイをちゃんと閉めなくては…と思い久々に自スペースに戻ってみると…、なぜだかたくさんの売り上げが〜〜(汗)
なんだかおとなりのアキハさんとそのまたとなりのDAICONのスタッフの方が、売ってくださったらしい(T T)

ご迷惑をおかけして、申し訳ありませ〜〜ん(T T)

なんて言ったら、

SF大会では、そんなのフツーですよ!

なんてとても暖かいお言葉が…。
ファンジンアレイでも、回りがいい人ばっかりで、しゃ〜わせなチブン…。

展示品を段ボールにまとめるとか、布をかけるとかした方がいいのかな?
なんて思っていたけど、ファンジンアレイの回りのみなさまは、ほどんど売ってるままの状態で明日に備えるみたい(^^
あたしもそれの方が楽ちんなので、お金だけ持って売り場はそのまま放置することに…。
これで明日会場に来たら、すぐにでもお店が開けるから楽だじょーー☆

さーて、画材屋さんに行って、明日の準備しなくちゃー!なんて思っていたら、なんだメインホールへぞろぞろと向かう人たちが…。
え? なんかきょう企画あったっけ? なんて思っていたら、これからジョージ・タケイさんが司会で、ご本人も出演されている、スタートレックの最新作「Star Trek: New Voyages "World Enough and Time" 」が上映されるというではありませんか!?

ぷぎゃーー
見てぇ〜〜〜っっ!!

でも見たら、明日の売り物がない〜〜〜!!

後ろ髪を引かれる思いで、泣きながら画材屋さんにむかう、あたしなんだった…(ううう…)

Nippon2007 3日目 おたくと萌えとSFと につづく!

|

« Nippon2007 1日目 はじめてのワールドコン | トップページ | Nippon2007 3日目 おたくと萌えとSFと »

イベントレポート1+06/08-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。