カテゴリー「wakwak☆動物園にっき1+04/02-」の記事

2007.03.20

野毛山動物園と横浜の下町「野毛」

きょうは、まんが家のおともだち、関根亮子せんせい(以下亮ちゃん)、成田昌和せんせい(以下なりっち)が横浜に来てくれたので、ご案内させていただきましたぁ〜☆(キラン)

実は3月3日の猫餃子パーティーのあと、おふたりはうちにお泊まりして、翌日は3人で中華街をぶらぶらとお散歩してみたり♪
中華街は楽しんでもらえたみたいだけど、次はどこがいいのかなぁ〜?
まや的には「新しくてキレイなとこ」よりも「古き良き」横浜をアピールしたいなぁ。

まずはハマで有名なタンメンのお店「三幸苑」へ。
実は朝ごはんをたっぷり食べて、食べきれないかもしれないけど、なりっちにあげちゃえばいいから安心〜♪

それから入場無料の動物園、野毛山動物園へ♪
街の中に、こんな動物園があるのは、横浜の誇りだねぃ☆(キラン)
亮ちゃんもなりっちものりのり〜で、とっても楽しい動物見学。

園内に放し飼いされているインドクジャクが、遠くで羽を広げて求愛してくれたり♪
今は繁殖期だからね〜! すっごいキレイっ☆
運がよければ、目の前で求愛してくれるんだけどなー。

爬虫類館や、ライオンやトラ、キリンやいろんな鳥さんなどを見学してから、フラミンゴの前に。
一羽だけ、やけに体色がピンクなフラミンゴさんを見ながら‥、

「フラミンゴはね〜、カニとかエビとかの餌の色でピンクになるんだよぉ。
 だからあのピンクの濃いのは、餌をいっぱいたべてるにちまいない☆(えっへん!)」

と得意気に説明したら、「ベニイロフラミンゴ」「チリーフラミンゴ」のちがう種だと判明☆
うわ〜ん! (/◇\*)はずかぴぃぃぃ〜
でも甲殻類のプランクトンや藻類、藻類の色素(カルチノイド系?)を食べたカニやエビを食べること(食物連鎖)で羽色がピンクになるのは、本当なんだよぉ〜(たぶん)
(ついでに、玉子の黄身が黄色いのも、餌のトウモロコシなどの色素だったと思いまふ)

070320nogeyama

それから、動物とふれあえる「なかよし広場」へ。

続きを読む "野毛山動物園と横浜の下町「野毛」"

| | コメント (0)

2007.02.19

旭山動物園は冬景色

札幌駅から旭川間往復JR券と旭川駅前から旭山動物園までの往復バス券・旭山動物園の入園券がセットになった「旭山動物園きっぷ」で、動物園へ♪
だ〜りんとの旅行は、ドライブ旅行が多いから、こうして列車の旅も格別だねぃ。
ちょりっとリッチに指定席をげっとし、駅弁でも…と思ったけどホテルの朝食バイキングですっげー食べたので、食欲がわかず…(^^;;

車内の北海道の地図を観ながら、おたがいに北海道で行ったことのある場所など楽しいおしゃべり。
車窓をながめると、札幌では晴れていたのに、ものすごく吹雪いてるし、景色は人の生活している気配はなく一面の雪のみ…。
す…すごいっ、さっすが北海道ってカンジで、大感激ぃぃぃ(>▽<)
…だけど、旭川も吹雪いていたら、いやんだにゃ〜…、なんて思ってたら旭川付近でまたまた快晴に♪

北海道の天気は、場所によってこんなにちがうのねっっ!

070219zoo旭川駅からは臨時バスが出て、開園時間の10:30に動物園に到着☆
外にでると、一面雪景色で、しかも札幌よりもかなり寒い〜〜!

まずは旭山動物園の冬期積雪時のみの人気イベント、11時からのペンギンのお散歩の場所とりだぁ〜!
月曜日で朝一の動物園には、ものすご〜い人がぁ☆
朝の列車やバスも、いかにも動物園に行く人で、いっぱいだったもんね!
ペンギンさんのお散歩コースは、ぐるっと1周なサーキットみたいな形態なので、なるべくストレートが長いところを確保☆
コーナー付近だと、いきなりペンギンさんが現れちゃうもんねっ!

折り返し点ちかくのポイントには、ペンギンさんのスタートから約15分後にペンギンさんの姿がっ!
しかも歩くのが遅いので、少しずつ近づいてくる臨場感が、もぉたまりませんっっ☆
ペンギンさんが目の前にきた時には、もうコーフン度MAXで「かわい〜〜」と絶叫状態!

070219penguin

関東の動物園ではフンボルトペンギン、イワトビペンギンなどを観ることができるけど、ここでお散歩するのはキングペンギン。
キングっていうだけあって、すっげ〜、でかい〜!!
それに、目つきもちょりっと凶悪ちっくで、イカすっ(>▽<)



目の前を通りすぎて、後姿を見送った後にも、また再度場所を陣とって、ペンギンさんを観察♪
終点ちかくになると疲れるのか? お散歩コースに立ち止まったり、途中で雪を食べたり‥と、いろいろな行動を観察することができて、とっても面白い!
本来の生息環境に近い場所での、のびのびした行動は、観ていてとっても幸せな気分になっちゃう!
日本最北の動物園に、冬にきて本当によかったよぉ〜!! なんて実感しちゃいましたぁ〜(TT)

それからペンギン館へいって、いろんなペンギンを観察。
さっきお散歩してたキングペンギンも、ものすごく間近で観ることができます!
やっぱりすっごく大きくて、そして毛も固そう♪
ペンギン舍でも、オスペンギンがメスペンギンに石を運んで求愛行動をしていたり…と、もう一日ずっと観ていてもあきないくらいだけど、もうひとつとっても楽しみにしていたところがあるのら〜☆

それは、ネコ科の動物たちに合わせて水辺や岩場を作り、より自然の状態に近づけている「もうじゅう館」。
ペンギンさんは名残惜しいけど、おとなりの「もうじゅう館」に移動だぁ〜☆

続きを読む "旭山動物園は冬景色"

| | コメント (4)

2006.08.05

2006ナイトズーラシア

今年も8月の土日はよこはま動物園で、「2006ナイトズーラシア」が開催なのだーー☆
去年は最後の日にズーラシアに行ったけど、今年は最初の日に突撃ーーッ!

5時前に入園して、インドゾウさんからの見学♪
スマトラトラは、お肉のかたまりのまわりをうろうろとしながら、何度も舌なめずりをしていたり…。
ネコ科のウンピョウは、2匹で木の枝をいったりきたりして♪
やっぱり夏のネコ科の観察は、夜に限るね☆

マレーバクは、赤ちゃんとおかあさんが水浴びをしていて、とっても涼しそう…。
お昼は泳ぎ回っているフンボルトペンギンも、夜は岩の上にたたずんで鳴いています。
ぽわぽわの毛がぬけかかってる、ヤングアダルトなペンギンくんを発見☆
幼鳥はたしか茶色っぽかったから、何度目かの幼毛がぬけておとなになるのかな?
それとも年に一度の換羽(かんう)なのかぴら??
換羽ちうはプールでは泳ぎ回れないみたいだけど、もうすぐ新調したタキシードでばっちりキマリだね☆

05n_zoo1

19時10分前になったので、ユーラシアカワウソの展示ゾーンへ!
きょうはカワウソくんに、ウナギのおやつをあげるんだって〜♪
でも…、黒山の人だかりで、カワウソくんはぜんぜん見えそうもない…。
っていうか、屋根があるガラス張りのところに、これだけ人が集まると、暑くて死にそう…(--;;;
なんにも見えないまま、19時にウナギはあげたみたいだけど、一瞬でどっかにいって前にいても見えなかったみたい…(がく☆)

気をとり直して、アカカンガルーの観察!
広いフィールドをすっげー高速移動で駆け抜ける、スバラシイ運動能力にしばし感動〜!!!
ネコ科のオセロットも、とっても活動的で、ライトアップされた熱帯林のような展示が、とっても神秘的でした☆

オカピは混んでるし、つい最近サンディエゴでゆっくり見たのでパスして、逆流開始!
これから進行方向を逆に観察して、入り口から退場すると、入り口付近の動物たちがゆっくり観察できるのだーー☆

05n_zoo2

世界で一番大きいトラ、アムールトラの檻の前にかぶりつき〜っっ!!!
薄暗い中でうろうろと歩き回り、そしてナイトではおなじみのトラの咆哮!
「あおん、あおん、あお〜ん!」
すっげぇ迫力で、感動しつつもビビりまくりっ!

んもぉ、ナイトズーラシア最高!!!

さっきは人だかりだったカワウソくんの周りももう人気はなく、優雅に泳いでいるのを観察♪
それからレッサーパンダくんのところでは、目の前で後ろを向いて、笹を食べまくってるぅぅぅ〜(>▽<)
両手を使って笹を上手に食べているところを見てると、やっぱりパンダの仲間なんだなぁ〜…って実感。
それにしてもしっぽが太いなー! これって毛なのかな?
それともしっぽ自体が太いのかぴら?
レッサーパンダくんの採餌行動を観察できたのは初めてなので、なんだか得した気分♪

05zoo_lunch

たくさんいたお客さんの姿もなく、だ〜りんとふたりでスマトラトラを観察してたら、8:30で動物園は閉園に。
これからの時間は、エントランス付近のショップでお買い物♪

数々の動物園はあるけど、日本でこれだけオリジナルグッズに力を入れている動物園はそんなに多くないはず。
いつも魅力的な新しいグッズが展示されていて、お財布のヒモもゆるくなるぅ〜(←だ〜りんの…くす)
まずは素焼きなオカピのビールグラス♪
まやはビールは泡派なので、今年はオカピと一緒につめたいビール(の泡)を楽しむのだーー☆

そしてズーラシアの動物タチな食玩「ズーラシアランチ ジャングルクラッカー」を2個げっと☆。
海洋堂制作なフィギュア全10種類のうち、ひとつだけ入っているのだーーっ☆
ちょりっと狙いめじゃないのが出っちゃったから、トラとシロフクロウのピンズも購入しちゃったぁ!
もちろん、ズーラシアオリジナルぐっずだよ〜ん。

よこはま動物園ズーラシアは、もう何回いったかよくわかんないけど、リピートしたくなるステキな場所。
動物を見ているだけでなく、世界中の動物の生態を考え、そして絶滅危惧種な動物タチを守るために、自分はどんなことができるか…、そんな問いかけもしてくれます。

これからも、機会を見つけては、どんどんズーラシアに通おうと思ってます!
もちろん、食玩のコンプを目指して!(え?)

| | コメント (0)

2006.06.16

ワイルドアニマルパーク

サンディエゴ市街から15号線を北上し、Via Rancho Pkwayに出る。
ほんの30分くらい走っただけなのに、道の回りには人気はなく、乾いた山と荒野が広がるばかり…。
こんなところに、ホントに「ワイルドアニマルパーク」があるのかぴらぁ???
なんて不安になっていたところに、エントランスの看板が〜♪

夢にまでみた「ワイルドアニマルパーク」に、れっつごー☆(^0^/

サバンナをそのまま再現した本格サファリパークは、サンディエゴ動物園の分園。
広大な土地に放し飼いにされている動物たちの、野性味あふれる行動を観察するには最適な場所。
まずは動物を見ながら園内を1時間かけて一周してくれる、園内鉄道に乗車☆

0616railway

フィールドに出ると、まずはぞうさんファミリーが、砂をかけて日焼け対策☆。
これだけ暑いと動物たちも大変だよね〜!
大きい身体のサイも、のっしのっしと行進しています。
そして草食動物の群れ、群れ、群れ〜!!
しかも、各種の動物たちの間には柵やオリはなく、ひろ〜いサファリに、点々と群れているんですぅ〜(>▽<)

線路をさかいに、左がアフリカライオン、右がスマトラトラのポイントを通る。
さすがにトラとライオンが同じフィールドにいるのは問題があるので(笑)ここは線路と柵で行き来ができないようになっています。
ものすご〜く目をこらしてみると、遠くにライオンらしき点がぁ〜(汗)
トラさんはじぇんじぇん見えない〜(T▽T)
真っ昼間の炎天下に、ネコ科がうろうろしてるワケもないよね〜(涙)

チーターが住んでいるフィールドの近辺を鉄道が通過しても、もちろんチーターの姿は見えず…(涙)
間近に確実に観察することはできないかもしれないけど、広い大地を自由に闊歩している動物タチを観察できるのは、動物スキには感動モノっ☆
鉄道の発着所ちかくには、種の保存を目的とした研究施設や動物病院の建物が見えます。
ワイルドアニマルパークは動物を展示するだけではなく、動物園などの動物タチが怪我や病気をしたときに治療したり、絶滅しそうな動物を保護・繁殖させるための施設。
種の保全に対して、こんなに大きいプロジェクトができるなんて、アメリカってホントすごいっ国だなぁ〜って感心しちゃいましたぁ☆

0616refill鉄道でフィールドを一周した後は、お昼もまわったことだし、まずは腹ごなし。
エントランス付近には、何軒かカフェやショップがあって、ゆっくりとくつろげる雰囲気。
これからは先はショップもない、大自然なウォーキングコースを歩くので、栄養を補給しておかなくてわ☆
チキンの照り焼きボウルとサラダを、だ〜りんとふたりでシェアして食びる。
飲み物を入れるカップは、追加料金を払うと、動物のスーベニアレフィルに入れてもらえるのだーー☆
咆哮しているライオンさんもあったけど、ウンピョウに似ている(笑)ネコ科のレフィルをげっとして、奥タマはごキゲンに♪(ぐふぐふぐふ)

お水もたくさんげっと☆して、まずは「ライオンキャンプ」にれっつごぉー!

ライオンキャーーーンプ☆
Lion Camp!!  Lion Camp!!  Lion Camp!!  Lion Camp!! 

またも大コーフンで、ひとりおたけびをあげながら行進する妻。
『LION CAMP』とかかれた看板目指して、ガラスばりの展示コーナーの前に到着!
しか〜〜し!!

ライオンさんが、いにゃ〜〜いいい
il||li _| ̄|● il||li

ハイテンションで現れて、がっくり肩を落としてる妻に、飼育員のおじさんが優しい表情で話しかけてくれました。
「さっき、子供たちが手をガラスにあてたり騒いだから今はここにはいないけど、今はあっちでトラックに乗ってるよ」
トラックに乗ってるって?? まやの英語のヒアリングがダメぷーなので、聞き間違えたのかぴら??
なんて思っていたら…

0616lioncamp1

ホントにライオンさんが、トラックに乗ってるお〜〜(>▽<)
しかもトラックの中では、メスライオンがお腹を上にして、曝睡してるんですよぉぉぉぉ〜〜!!

ライオンさんとあたしたちのとの間にオリはなく、ちびのまやがひじをつけるくらいの低い塀と、溝がほってあるだけ。
こういう広々としたところで、のんびりくつろいでいるライオンさんを見てると、癒されるにゃぁ〜♪
んもぉ…ライオンキャンプ! 最高!!

0616okapi平日ということもあってか、ウォーキングコースは人もまばら。
コース沿いには柵越しに、いろんな種類の動物が。
よこはま動物園ズーラシアでは、いつも人だかりのオカピも、ここではだ〜りんとふたりで独占状態!

チーターポイントではチーターを観察することはできなかったので、久しぶりのショップで冷たいお水をげっと☆
そして、テラスでちょりっとひと休み。

大自然の湖をみわたしながら、たくさんの野生の鳥さんやリスさん…、そしてうさぎさんまでもお出迎えしてくれました。
耳をすませば、いろいろな生き物たちが奏でる音がいくえにも重なって聞こえてくる…。
だ〜りんとふたりで、しばらく生命のシンフォニーに包まれながら、思わず夢見心地に…。

日本からはるばるサンディエゴに旅して、ホントによかったよぉぉぉぉ〜ん!!

出口まで歩いていく時間を考えると、早くもそろそろ戻らなくちゃなお時間にぃ〜(TT)
帰りがけには、やっぱりライオンキャンプでしょぉ〜(^0^

さっきはライオンがいなかった、ガラスばりの展示コーナーに突撃したら…

0616lioncamp2

夕方になったせいか、ライオンさんってばガラスぞいを、うろうろと活動しまくりぃぃぃ〜〜(>▽<)

しかも人間に興味があるのか、ガラスごしからじっとこっちを見ていたり…。
きゃ〜!! ライオンさんってば、やっぱり顔でかーーい!!
それに、なぜだか前肢のひじの後あたりに、毛がはえてるぅぅぅ〜!!!
インドライオンは確かはえてなかったから、アフリカライオンのオスははえてるモノなのかなぁ?
そりとも…、この個体だけ??

んもぉ、ライオンキャンプを堪能しただけでも、ワイルドアニマルパークに来たかいがあったってカンジ〜〜!!(ぎゃーー)

0616dikdikかわういディクディクがいる出口付近に到着したころには、もう閉園時間まじかに…。
一日という短い時間では、ネコ科の動物をはじめ、いろいろな動物たちを効率よく見ることはとてもできないけど、今まで訪れたどんな動物園よりも、この「ワイルドアニマルパーク」が大好きになりましたぁ(^0^
今度はナイトがやってる時期に、もっとトラさんのところまでウォーキングゾーンを歩いてみたいなぁ…。
3日くらい通って、ワイルドアニマルパークを、散策してみたいかもぁ〜〜

| | コメント (0)

2006.06.15

サンディエゴ動物園

0615squirrel早起きしてだ〜りんと一緒に、サンディエゴのバルボアパークをお散歩。
リスさんが木でたわむれていて、すっごいかわうい〜♪
デジカメで撮影していたら、「もっといい写真がとれるよ(英語)」と言って、おにいさんたちが木の幹にピーナツバターをぬってくれましたぁ♪
「どこから来たの?」なんて話かけてくれたので、日本からですぅ〜なんて、つかの間の楽しいおしゃべり。
でも長居はできないのであった。。。
だって、これから長年の夢だった「サンディエゴ動物園」に行くんだもぉぉぉん〜〜♪(きゃー)

0615sandiego_zooとっても広い公園を歩いて、反対側が動物園のエントランス。
800種、3400頭の動物を飼育し、その広大な敷地面積と合わせて知名度も世界的なこの動物園。
まずは園内の75%を見て回れる、Guide Tour Busに乗車。
35分かけてぐるっとかけ足で動物園の外観を見て回りながら、とにかく広い園内の概観をつかむためにも、園内Mapとにらめっこ(>▽<)

ヤマネコさんやライオンさんも、ちらっと見えたけど、もう駆け足で進んでしまうので、あまりじっくり観察できなかったり…。
っていうか、この動物園を一日で回るのは、絶対無理だと実感してみたり〜〜(いや〜〜ん!!!)

バスで一周した後は、とりあえず「The Wild Ones」という、希少種を紹介するショーを見学。
珍しいいろいろな動物の紹介の後に、ついにネコ科チーター登場!!!
しかも、わんこと一緒にすわったり、飼育員さんの手からごはんを食べたり…とってもおだやかな表情のチーターを見てると、なんだかうれしくなってきたり(はあと)。
動物に関するクイズや楽しいお話の後には、絶滅寸前なチーターや、希少種を守るためには、リサイクルが大切という説明もしてくださりました。
(ここでムービー/英語が見れます)

0615cheetah

アメリカの行政がまだ行っていない「ゴミの分別」も、サンディエゴ動物園ではちゃんと行われている。
CO2排出最大国のアメリカは、現在京都議定書も辞退し、CO2排出量削減には背を向けています。
もともと環境問題にも感心のある崇高な国民性、行政のトップが変われば世界のリーダーとしてもっと地球の未来を考えてくれるはず。
少なくとも、この動物園では、動物たちのためにも、ゴミの分別が進んでいる。
こんな気持ちが少しずつでも、アメリカ中に広がっていけばいいなぁ…なんて、心から思いました。。。

そしてー、ショーが終わったら。ネコ科を探して園内を探検だぁぁぁーーー☆
歩きでネコ科の動物たちを見に行こうと、園内Mapをじっくり見てみる。
でも…、800種の全ての動物がマップに記載されていないんだよぉぉぉ〜〜(T▽T)
HPで動物園にいるネコ科の動物は調べたけど、場所まで調べてなかったので、超ショックーー☆

園内の道には名前がついていて、ショーがあったスタジアム付近は「Cat Canyon」。
Cat Canyon(ネコの峡谷)なんて、なんて甘美な響き…。
それにCat Canyon で、韻もふんでて、超cool!!!(>▽<)ギャー

キャットキャニオーーーン!!!
Cat Canyon! Cat Canyon! Cat Canyon! Cat Canyon! 

いつも冷静な夫をよそに、なぜだかいきなり大コーフンで雄叫びをあげる妻。
よ〜く見ると、さっきのバスで通った、ヤマネコさんのいた大きいケージがあるので突入してみたら…。

どこにも姿が見えない…(T▽T)

炎天下の真っ昼間に、ネコ科の動物が活発に活動しているワケもなく…。
Cat Canyonには、合計5種のネコ科のみなにゃんがいましたが、みなにゃんお昼ねちうとか、穴の中に入っていて、しっぽとかねんねしているお顔、耳だけしか観察することができずに、がっくり肩を落とすあたしたち…(うわ〜〜ん☆)

気を取り直して、サンディエゴ動物園一押しの、パンダを観にれっつ☆ごぉーーっ☆

0615pandaたくさんの動物がいるから、どこでもすいすいと見学できたのに、パンダの展示ではものすごい行列がぁ〜。
順番が来てパンダの近くに行くと、オリとかなくてパンダが目の前で笹を喰ってるぅぅぅ〜〜(><)
なんだか「ニカッ」って、笑っているように見えるんですけどぉぉ(--;;
すっごい愛嬌があって、かわうすぎるぅぅぅぅぅ〜〜(ぎゃーー!)
それに、赤ちゃんパンダが木の上に乗ってたりして、萌え死にそうになりました…(はぁはぁ)

サンディエゴ動物園のパンダは、Webcamで24時間リアルタイムな「Panda Cam」で見ることができます。
日本に帰っても、赤ちゃんパンダが気になるので、ちょくちょく見てみよ〜〜っと!

それからネコ科探検ということで「Tiger River」へ。
トラさんの展示のところでは、上の方にねているらしく、トラさんの肉球だけが…。
しばらく待ってみても、動く気配がありません(涙)
はるばるサンディエゴまで来たのに、ネコ科の動物をじっくり観察できないのきゃ? オラたち…(; ;)。

なんてしみじみ歩いていたら、いきなり Fishing Cat こと、スナドリネコさん登場ーーー!

0615fishing_cat

スナドリネコさんはサンディエゴ動物園にいるのは調査ずみだったけど、どこにいるかわかんなかったので、やっと会えて感激だぁぁぁーーーっっ!
しかも夕方になってきたからか、生態を考慮し滝があったりして涼しいせいか、とっても活発に活動しているぅぅぅ〜(><)
スナドリネコさんは、イリオモテヤマネコと同じで、川で漁をするネコ科の動物。
ネコ科ではとってもめずらしい行動です。
身体の大きさは、イエネコよりは一回り大きいけど、やっぱり猫みたい〜♪
木の上を行ったりきたりしたり、水もこわがらずに、ばしゃばしゃ入ってみたり…。

か…か……、きゃわゆいぃぃぃ〜〜いいん (*^▽^*)

感動しつつじっくり観察してたら、早くも閉園時間がせまってきたり〜(号泣)
とりあえず、入り口と反対側のSkyfari目指して歩きださなくてわ☆

途中もいろ〜んな動物タチがいて、ちょりちょりと見ながらデジカメ撮影♪
ホントにいろんな種類の動物タチがいて、すごいな〜なんて思っていたら、いきなり!

「Siberian Palla's Cat , or Manul」 こと、マヌルネコさんのケージがぁぁぁ〜〜!!
ぎゃーーっ! こんなとこにネコ科の動物がいたなんてぇ! どこどこぉ?? なんて探してみたら、ケージの中に看板がぁ?

「本日の展示は終了しました(英語)」

いやーーーーーーーーん(T▽T)
やっとたどり着いたのにぃ、撤収された後なんてぇぇぇ〜〜!!!

シロクマさんを見ながらまったりした後は、ロープウェイのようなSkyfariに乗って、一気に出口へ。
上空から見下ろす動物園は、やっぱり広い〜!!
サンディエゴ動物園を堪能するには、最低3日間はないとダメだなぁ…なんて実感してみたり。
それに、6月の末から9月までは、もっと遅い時間まで開園しているので、夜行性のネコ科の動物たちも、観察できる機会があるかもぉ〜☆

出口そばのは虫類を見た後は、なんだかもぉ…ふらふら状態にぃ〜。
きょうは炎天下の中、ものすご〜く歩いたので、筋肉痛になりそうな予感!
でも、とってもとっても想い出深い、充実した時間を過ごすことができましたぁ♪

そして…、ネコ科攻略もできなかったことで、いつかリベンジ!を果たしたいと思います!
I'll be back!!!!!!(ターミネーターの、シュワちゃん風に叫ぶ!)

そして明日は、サンディエゴのもうひとつのサファリパーク「ワイルドアニマルパーク(英語サイト)」に突撃だぁぁぁーーっ☆
楽しみすぎるぅぅぅぅぅぅ〜〜(>▽<)//

続きを読む "サンディエゴ動物園"

| | コメント (0)

2006.06.14

シーワールド San Diego

んがーーっ☆ よくねたぁ〜〜っ!
とってもさわやかな目覚めと共に時計を見たら、すでに9時すぎ…。
チェックインしてベットに転がり込んだ後は記憶がないので、12時間くらいねちゃったのかぴら〜??
おでこにはぬれたタオルに、枕もとには氷水…。
あっそうか。。きのうはちょりっと熱出してたんだっけ(でへ)

となりのベットでねているだ〜りんに声をかけてみる…。
「いい天気だよぉ! おなかすいたよぉぉぉぉ」
すっかり元気もりもりなまやに安心したせいか、だ〜りんが雄叫びをあける。

「オレは看病疲れで、まだ眠いんだぁぁぁ〜!
 9000kmも旅して、なんで妻の看病しなくちゃいけないんだぁぁぁぁ☆」

いや〜ん。。ごもっともれすぅ〜!
いつも心配かけて、ゴメンよぉ〜。

ロビーで無料のコンチネンタルブレックファーストをげっとして、パンをもりもり食べたらお風呂に入って毛づくろい♪
だ〜りんも起きてきて、一緒にお食事してたら10時すぎに!
きょうは、海をテーマにしたテーマパーク「サンディエゴ・シーワールド」(Sea World San Diego:英語サイト)にれっつ☆ごぉーーー☆

オールドタウンから西に行くと、サンディエゴ湾が見える。
サンディエゴは海軍の基地がたくさんあり、映画「トップガン」の舞台にもなった街。
脳内BGMは、トップガンのテーマ♪Take my breath away〜♪
って、カルフォルニアなご当地ソングを、ipodにダウンロードしてくればよかったにぁ〜(^0^

0614petruleシーワールドに突撃し、腹ごなしをした後にはショータイム!
まずは、わんこやにゃんこが楽しく動き回る「Pets Rule!」

ネコ好きとしては、にゃんこが高いとこから飛びおりたり、綱渡りをしたり…と、芸をするにゃんこたちにはもう感涙モノ(T△T)
それに、ハリウッドやサンディエゴでは、のらにゃんとも交流してないし、猫中毒症状も出ていたので、にゃんこを見て癒されまくりなあたし〜!
やっぱりどこの国へ行っても、にゃんこはかわういのだーーっ!!

0614seaworld1それからイルカのショー「Dolphin Discovery」へ。
イルカの見事なジャンプも見応えあるけど、さっすがアメリカ、随所にジョークがちりばめられていてすっごく楽しい♪
そして、前の方の席は「Soak zone」(しぶきがかかる場所)とかいてある。
イルカがジャンプするからお水がかかっちゃうのかな? なんて思いきや、おおまちがい!
イルカさんがわざとびちゃびちゃとお客さんに水をかけて、みなにゃん大喜び!
アメリカのテーマパークは、とにかく濡れることを楽しむにつきるらしいですよぉ(^0^

アシカのショー「Clyde and Seamore's Risky Rescue」は、コメディータッチのストーリー仕立てになっていて、テンポもよく、とっても面白い♪
随所に出てくるカワウソくんが、とってもかわういのぉ〜!

それから、「Manatee Rescue」では、生まれて初めてマナティーを見学。
ものすご〜く大きな身体で、ゆったり泳ぎ回る姿を見ていると、絶滅しないでほしいなぁ〜…なんてしんみり感じてしまいましたん。。。

0614shark「Shark Encounter」では、いろんな種類のサメを、水槽内のトンネルからど迫力で観察できる!
下から見上げたサメの、ギザギザの歯が見えた時は、ちょりっと恐怖で身震いしてみたり…(ぶるぶるっ)

そのほかでもペンギンさんや、いろいろな海の生物も見学することができましたぁ〜!
日本では見たことのない海洋生物もたくさん見ることができて、とっても興味深かったよぉぉん!

最後の締めはシャチのショー「Believe: The Sensational New Shamu Show」。
映画「フリー・ウィリー」で号泣したまやは、大のシャチ好きで、しかも生シャチを見るは初めてだったりぃ〜☆
シーワールドの中でも、ものすごーい大きなスタジアムで、シャチのShamuが登場〜!
んもぉ、ものすごい大迫力に、ただただ感動するばかり〜〜(T△T)

0614shamu

Shamu! Shamu!
みんなと一緒に、シャチのシャムーにかけ声をかける。
定番のぬれぬれタイムは、巨大なシャムーが客席に向かって水をかける。
水しぶきというよりは、滝に近い水量で前のお客さんはずぶ濡れにぃぃ〜〜(>▽<)
まやももうちょっと体調に自信があったら、シャムーに水かけてほちかったかもぉ〜(ぽっ)

ショーの内容も「信じていれば夢はかなう」みたいな、ちょりっと感動的な演出に涙うるうる〜〜!
日本からはるばる、サンディエゴに来て本当によかったよぉぉぉ〜〜ん!

0614shamu2早くも全てのショーは終わり、おみやげモノ屋さんしか開いてない時間に…。
名残り惜しくて、シャムーのぬいぐるみがたくさん並んでるところで、ぬいぐるみのシャムーとたわむれる妻。

そんな妻をみかねてか(汗)、だ〜りんがシャチのシャムーを、1個買ってくれましたぁ(^0^
楽しい想い出をシャムーにつめて、シーワールドを後にするあたし…。

そして明日は、"World Famous"な「サンディエゴ動物園」だぁーー☆
楽しみすぎるぅぅぅぅぅ(>▽<)

| | コメント (0)

2006.05.01

富士サファリパーク

GW到来☆ 天気予報では行楽日和なので、だ〜りんと一緒に富士サファリパークへGO☆

以前にも結婚記念日をお祝いしたり(えへ)、何度も来ているサファリパーク。
ネコ科の動物タチもライオンにトラ、チーターが悠々と暮らしている。
ネコ科のお昼はお昼ねタイムなので、朝いちと夕方が、サファリゾーンの狙い目なり〜。

開園時間の9時をちょりっとまわった頃に、富士サファリに到着!
今回は1名様ご招待あんど、ひとり分サファリ会員お値段で2000円で入園☆
まだまだお客さんもまばらで、ゆっくり見学できそうでラッキー♪
まずはサファリゾーンに、My Carジーノちゃんで突入だぁぁぁーーーっ!!!

クマさんをぬけてライオンゾーンでは、ライオンさんがバリバリと、骨つき肉を喰ってるぅ(@@;)
けっこうでかい骨だったからなんのお肉なのかにぁ?
トラゾーンでは、なんだか暑そうにはぁはぁしてるトラさん。
チーターは、兄弟たちが、しっぽをぱたぱたさせて、遊んでますぅ〜♪

こういう広い場所で、悠々と過ごしている動物を見てるのは、楽しいにぁ〜♪
サファリパーク、最高(>▽<)/

01safari

お昼に駐車場に戻ったら、すっかりにぎやかな雰囲気に♪
とりあえずどうぶつ村で、まったりと遊ぶことに。
いろんな小動物とふれあえたり、えさをあげたりできて、とっても楽しい。
近くで見るワラビーはとってもかわうくって、おててをすりすりすりあわせている。
そっとなでなでしてみたら、にゃんこよりもかたいカンジの毛ざわりでした。

それからダチョウの仲間、エミューにえさをあげてみたり♪
手にのせてお顔の前に差し出すと、手の上からぱくぱく食べてくれます。

しか〜し、いきなりエミューたんてば、まやのむねめがけて、がぶぅぅぅぅ☆
ひ…人妻に、なんということを!??

な〜んて思ってたら、まやのつけてた天然石のネックレスが、エミューたんのエサにそっくり…(--;;
あたしもびっくりしたけど、エミューたんもびっくりしちゃったかも(^^

01safari_1

ふれあいゾーンでは、めずらしいディクディクを観察した後に、ウォーキングサファリへ♪
サファリゾーンの回りを、ぐるっと1時間30分から2時間かけて歩きます。
自然がいっぱいな遊歩道は、耳をすませば鳥の鳴き声も聞こえてくる…。

車から見る動物たちもステキだけど、柵越しに見る動物たちは、また格別ですね〜。
ネコ科の動物たちなどはちょりっと遠くても、同じ空の下にいる、同じ空気を吸ってる感がたまらにゃ〜いい(><)

楽しくおしゃべりしながらお散歩してたら、早く夕方に…。
サファリゾーン入園最終時間の17時ちょりっと前に、きょう2度めの突撃だぁーーーっ☆

山の天気は変わりやすいのか、さっきまで快晴だったサファリもなんだかもやってきた。
クマゾーンではクマちんたちが、けっこう激しくたわむれている! すっごい迫力!
見学の車も少ないので、好きな場所に車を止めてじーーーっと見学してると、ライオンたちがのぞきにくる。
近くにくると、ちょりっとこわいよおぉぉぉ〜!!

トラもうろうろと動き出してる。
チーターくんは、にゃんと車が通る道をてくてくと歩いて、目の前を通り過ぎていったり♪
やっぱりネコ科の観察は、夕方がとっても楽しいにゃ〜♪

草食動物ゾーンでも、少しもやっている道の向こうから、キリンさんの群れがやってくるぅぅx〜(@▽@)
横に並んで歩くそのお姿は「Gメン75」のOPみたい♪
車の横をどんどん通り過ぎていく姿に、もう興奮しまくりぃぃぃ〜〜(きゃーー)

01safari_2

サファリゾーンをぬけたら、すっかりあたりも暗くなり、人もまばらに…。
きょうは連休ちうなので、ナイトサファリも開催してるみたいだけど、けっこうもやってきたので、ちょりっと遠くの動物たちは観察しにくいかもぉ…。
19時ちょりっと前だから…、サファリパーク内の「ネコの館」だったら、1時間はネコと遊べるじょ〜〜!!!

薄暗い園内に、白く光り輝く洋館「ネコの館」に、まったりと入っていくまやとだ〜りんなんだった。

ネコの館でまったり気分」へつづく

| | コメント (3)

2005.08.28

今年最後のナイトズーラシア

よこはま動物園ズーラシアは、8月の週末は夜まで営業の「ナイトズーライア」。
8月最後の日曜日、だ〜りんと共に今年最後のナイトズーラシアへ。
淡い光に映し出される、動物タチがとっても神秘的。

夕暮れのフンボルトペンギンは、日中のように水の中では泳がずに、岩の上をたたずんでいる。
鳥の仲間なペンギンは「トリ目」で、夜はあんまり目が見えないので、巣穴に入ってねてしまうらしい。
仲良しのつがいが、よりそって巣穴に帰っていく姿は、なんだかほのぼのしていいなぁ〜。

ユーラシアカワウソは、川を上ったり川沿いを駆け下りてみたり、2匹がとっても仲がいい♪
夜もとっても活動的で、じゃれあって泳いでる姿には、癒されるにゃ〜(^0^

28lionそして夜行性動物の代表といったら、ネコ科の動物たち。
淡い光の中で浮かび上がるライオンは、走ったりじゃれたり…とってもいきいきしています♪
日中はお昼寝してることが多いもんね!
こんな活発なライオンの行動を観察できるのも、夜ならではかも。

それとナイトズーラシア恒例、アムールトラのおたけびです〜☆
「あお〜ん、あお〜ん、あお〜〜ん!!」
巨体から発せられる声を身近で聞けるのは、ものすごい迫力だぁーー!!
お子様などは、こわがって泣いてしまうほど(^^;

やっぱりネコ科の動物は、夕方から夜が最高に楽しい!
夏休みならではの限定企画も、閉園時間がせまるとヒトがまばらになり…、あたりには秋の虫の音が。

ああ…、もう夏も終わりなんだなぁ…。
楽しい想い出を振り返りながらも、ちょりっとしみじみしてしまいました…。

動物園が閉まった後も、営業しているアイスクリーム屋さん。
ズーラシア限定「オカピサンデー」を注文。

28okapi

ズーラシアの人気者、オカピ色のチョコアイスに耳もついて、チョコシロップなシマシマ模様がとてもかわうい♪
それに、ちゅめたくって、おいちいぃぃ〜〜んvvVV
歩き疲れた身体に、甘いモノがしみるにゃ〜! 早くも食欲の秋かぴら? う〜ん…幸せ〜(^0^

| | コメント (2)

2005.08.21

荒井浜海岸と油壺マリンパーク

週末は太陽がぎらぎら照りつける、真夏日だぁーー☆
だ〜りんと神奈川県の三浦半島、油壺へドライブだぁ〜!

8時ごろ荒崎へ行く途中のお店では、朝に採れた新鮮なお野菜や魚介類が…。
いろいろな魚介類が、地元横浜のお店とは比較にならないほど安いお値段。
エビやカニ、貝はまだ生きていて動いてるし、採れたてのお魚さんたちは、目がとってもキレイ♪
これから海水浴に行くので、車は炎天下に。魚介類の買い出しは断念(しくしく)

ちょりっとしましま模様によごれが入ったスイカを、まるごと1個150円でげっと!
三浦海岸はスイカが名物。中身はと〜っても甘くておいしんですよぉぉ〜!
ちなみに地元横浜では、同じくらいの大きさのスイカは750円で売ってたYO!

9時ごろに、油壺マリンパークの駐車場に到着〜!
まずは、マリンパークの下、荒井浜海岸へれっつごー☆

21araihama海では磯遊びが大好きなあたしたち♪
荒井浜海岸は向かって右側が砂利系の砂浜、左が岩場になっています。
100mくらい沖に、ふたつの根がみえる。
あのへんに、お魚さんがいそうなよか〜ん!
さっそくシュノーケリングとフィンを装備して、海中散歩開始だぁ〜!

海中の地形はものすご〜く複雑で、水深も深いところは10mくらいあるかも。
海水もいろいろな層があるみたいで、ちょりっと移動しただけでものすご〜く水温が変化する。
水温が低いところには、海藻が線のようにつらなっている。ここに海流があるのかぴら?
砂浜付近は、1mくらいしかなかった透明度も、沖の方にいけば、8mくらいぬけてきて…

そして、チョウチョウウオやスズメダイ、ニシキベラなどのカラフルなお魚だぁ〜(^0^)/
ううう…神奈川県にも、こんなにキレイな海があったなんて、なんだか感激〜!!!

荒井浜シュノーケリングログ」はこちら

21uminoie

お昼になっておなかがすいてきたので、海の家をお借りしてランチと休憩。
800円のナシゴレンは、フルーツいっぱいのインドネシア風チャーハンで、とってもおいちい♪
大盛りパスタも注文して、だ〜りんと残さず食びてから、お借りしたパラソルでひと休み。

ぐふふ…、砂浜でパラソルなんてものすごーーーい久しぶりなので、なんだかセレブなチブン♪
でも貧乏性なのか、ねそべっているのはすぐに飽きてしまい、またシュノーケルで海中散歩☆
14時ごろにはあがって、海の家でシャワーをお借りしてさっぱりした後は、油壺マリンパークへれっつ☆ごぉー!

まずは芸達者なイルカくんややアシカくんたちが、愉快なショーを見せてくれる「ファンタジアム」。
ペンギン博士を中心としたストーリー仕立てになっていて、なかなかの見応え。
それから水族館でいろいろな生物を観察。
1Fの海の散歩道は、潜水艦にのっているようで、幻想的な雰囲気。
それに夏休みの特集はサメなのかぴら? 生きてるいろんなサメや標本も豊富で、にゃんと生きてるサメにも触れたり。
ううう…ざらざらで、まさに鮫肌ってカンジだにゃ(^0^)/

21shark.jpg

水族館の2Fに上がると、なんと周囲80mの「ドーナツ型円形水槽」に泳ぐ、サカナたちの群れ!
ちょりっと薄暗い館内に水槽が浮かび上がって、まるで海の中にいるかのよう…。
マアジやギンガメアジ、ツバメウオ、カゴカキダイなどほとんど俯瞰から見ると、時計回りにぐるぐると回っている。
その中を悠々と両方向に泳いでいくのは、2mを超す巨大なサメ「シロワニ」。
群れでは時計回りに泳いでいるマアジは、シロワニにぴったりとついて、右に左に泳いでいる。
コバンザメをつけてるシロワニもいて、まるで水槽のボスってカンジ。

そしてサカナたちのゴハンタイムに!
いろいろな大きさのエサが水槽に投入されて、自分の身体にあったエサを食べるサカナたち。
最初は小さいオキアミ、そしてアジのこまぎれ、そしてまるごとアジ…(^^;
ここに泳いでいるサカナと同じ種のサカナがエサになっているので、水槽内で捕食とかしないのかぴら?
サカナたちは決まった時間にエサがもらえるのを知っているので、わざわざ捕食はしないんだって〜!

それにしてもサメの補食シーンは、大迫力だぁ〜!!

海の生物はホントに不思議がいっぱいだなぁ…、なんてつくづく感じてしまいました。
この巨大な水槽を見れただけでも、ここに来たかいがあったなぁ…。(しみじみ)

閉園時間もせまってきたので、水族館以外の生き物たちも観察しに行く♪
イワトビペンギンはもう陸にあがっていて、とってもかわうい♪
そして上から間近に見下ろせるプールには、イルカが泳いでいる。
閉園まじかで、だ〜りんはタイガーシャークにかぶりつきなので、まやとイルカくんのツーショット。
さっきのショーでジャンプしたコかしら? すごいなぁ…、賢いなぁ…なんて思ってじっと見てたら、

ごろ〜ん☆

身体を半分回して、イルカくんと目が合った!
…と思った瞬間…、ばしゃ〜!!!

なんと正確に、あたしに水しぶきをあびせてくれた(^0^/

うわ〜ん、今遊んでくれたんだよね? すっごい感激だよぉ〜ん(>▽<)
(実はあっち行けっ、しっしっ☆ってことだったりして〜)

21dolphin

ギフトショップには、いろいろな海の動物のぬいぐるみがぁ〜!!
ネコザメもほしかったけど、今回はウツボのぬいぐるみをだ〜りんにおねだり♪
ウツボって、すっぐお〜い好きなんですぅ〜あたし!
海でウツボを見つけると、ずっとずっとウツボくんとこから動きたくないほど♪

あとは「マグネット動物園」に対抗して、「マグネット水族館」第一号はエイをげっと☆
これから、また水族館へ行った時に、ひとつずつ買ってくださいねん>だ〜りん

夜ゴハンは三崎港でまぐろ三昧〜(じゅるる)
鮪とびんちょうマグロの二色丼、鮪すてえき丼、鮪の心臓の唐揚げをふたりでシェア。
ココロもお腹も大満足な、楽しい夏の一日でした〜(^0^ うきゃ☆

| | コメント (2)

2005.05.28

ハマのレッサーパンダは直立するか?

千葉市動物公園のレッサーパンダ、風太くん(スポニチ Sponichi Annex 社会 風太くん写真館)の後ろ足で直立する姿で、お茶の間は大反響ですが(笑)、にゃんと、ハマのレッサーパンダも立つという情報が!?

カナロコ ローカルニュース : ☆レッサーパンダのモモタロウも直立披露/横浜☆

28kanalog_img_1081「ハマのモモタロウだって立てます」。横浜市立野毛山動物園(西区老松町)のレッサーパンダ「モモタロウ」(雄七歳、体長約九〇センチ)が、後ろ足で直立する姿を披露、来園客を楽しませている。
 モモタロウは人間好きで、飼育場の周囲に人が集まると、二本足で立ち背筋をぴんと伸ばしてキョロキョロ。時には十秒近く立っていることも。一日に何度か見られ、偶然居合わせた来園客からは「すごい、すごい」と歓声が上がる。
 飼育員の和田優子さん(28)は「レッサーパンダは好奇心旺盛で、立ち上がるのは珍しくはない」と解説。一方で個体差もあり、同園の雌「キンタ」はほとんど立たないという。「活動が活発になる夕方に立ち上がることが多い。かわいらしい姿をぜひ見に来て」
 直立するレッサーパンダは、千葉市動物公園で飼育されている「風太」が話題を集めている。
[写真説明] 「さあ、どうだ!」といわんばかりの表情で立ち上がったレッサーパンダ。一目見ようと入園者が周りを取り囲んだ=横浜市立野毛山動物園
(画像もカナロコからお借りしました)

にゃんと、地元野毛山動物園のレッサーパンダ、モモタロウ(風太の親戚)も立つというではないですか!?
きょうはお天気もよいので、だ〜りんと一緒に、モモタロウを見に、野毛山動物園へれっつ☆ごー☆

うちからは、気合いを入れれば歩いていける野毛山動物園。
うれしいことに入場料は無料なので、子供の頃から何回も来ています♪
お昼すぎに到着したら、まずはトラさんとライオンさんのオリの前のベンチで、手作り弁当を食びるのがいつものパターン♪
トラさんやライオンさんを見ながらのお弁当は、格別ですにゃ〜(^0^

28tiger_lion

んん…? もしかして、こっちを見てるぅ?(どきどき☆)

ライオンの檻のうしろからは、なんだか「かしかし」と扉をたたくような音が…。
ライオン舎の裏も見に行けるようになっているので、のぞいてみると、にゃんと雌ライオンが後ろ足で立ち上がり、前足で扉をかし☆かししているではありませんか!?
うわ〜! うちの愛猫うしこに、そっくりぃ〜〜(>▽<)

ただ出たいだけなのか、オスライオンに会いたいのかよくわかんないけど、なんだかかわうい〜〜!!

28marmot
いろ〜んな動物を観察した後は、なかよし広場でしばし休憩。この広場では、ひよこやモルモット、にわとりなどをだっこしたり、なでなでしたりできるんですぅ〜(>▽<)きゃ〜☆

かわういモルモットさんにおつきあいいただき、ベンチにすわってほのぼの、なでなで…。
はぁ…、動物をなでてると、ホントに癒されますにゃ〜(^▽^ はにゃ〜


そして閉園1時間前。一番立つ可能性の高いといわれている、夕方の涼しい時間帯をねらってレッサーパンダくんのところに移動。

28lesser_pandaハマの情報を仕入れてか、すでに人がいっぱい回りを取り囲んでいる。
いつもは歩きまわっているモモタロウが立ち止まるたびに、
「立て、立つんだ、モモタロウー☆」
なんて声援(なの?…笑)がわきおこっている。

でもいつものごとくモモタロウも、メスのキンタも、歩きまわったり、木に登ったりして、立とうとはしてくれない(笑)
16:30の閉園までずっとねばったけど、結局直立したレッサーパンダくんは、見ることができませんでしたぁ〜(^0^

ハマのレッサーパンダといえば、よこはま動物園ズーラシアでは、きょうレッサーパンダのデールくんが、2足歩行をご披露したという情報がぁーーッ!?

しかも来週6月4日(土)13:45〜限定で、デールくんは「みんなのはらっぱ」大テント内で、また2足歩行をご披露する予定らしいですぅ〜☆

いっちゃう? 見にいっちゃううぅぅ〜〜?>だ〜りん

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

++まやのひとり言++GUIDE | cartoonist イラストや漫画いただきました1+08/08 | chiikineko 横浜市西区、地域猫活動1+05/09- | cinema☆ぱらだいす1+04/03- | cinema☆ぱらだいす2+05/01- | cinema☆ぱらだいす3+06/01- | planter de 食びれる緑を栽培ちう 1+05/05- | tokusatsu大好き☆それゆけ猫映1+04/01- | tokusatsu大好き☆それゆけ猫映2+05/01- | tokusatsu大好き☆それゆけ猫映3+06/01- | ushiko絵日記1+04/04- | ushiko絵日記2+05/09- | wakwak☆動物園にっき1+04/02- | works 商業誌お仕事情報1+06/05- | うしこお嬢様の優雅なlife1+04/01- | うしこお嬢様の優雅なlife2+04/04- | うしこお嬢様の優雅なlife3+04/07- | うしこお嬢様の優雅なlife4+04/10- | うしこお嬢様の優雅なlife5+05/01- | うしこお嬢様の優雅なlife6+05/10- | ちょりっと本気のdiet1+04/04- | にゃんnyan探訪日記1+04/02- | にゃんnyan探訪日記2+05/09- | にゃんこzastugakuノート1+04/01- | ねこ☆goods自慢1+04/01- | ねこ☆goods自慢2+04/07- | ねこ☆goods自慢3+05/04- | ねこまんが☆necomic1+04/11- | ぱわ〜Macなおはなし1+04/07- | ひみちゅのcarte1+04/01- | ぶる〜にゃいと☆yokohama1+04/01- | ぶる〜にゃいと☆yokohama2+06/01- | わいわい☆wild探検隊1+04/06- | アメリカ西海岸、ドライブ旅行+06/06 | イベントレポート1+06/08- | テクナシmayaコン絵日記1+04/02- | テクナシmayaコン絵日記2+04/10- | テクナシmayaコン絵日記3+05/04- | テクナシmayaコン絵日記4+06/01- | テクナシmayaコン絵日記5+07/01- | 和モノで遊ぼうjapanism1+05/04- | 奥さまは大学生+元旦〜平成16年度1学期 | 奥さまは大学生2+平成16年度2学期 | 奥さまは大学生3+平成17年度1学期 | 奥さまは大学生3+平成18年度卒業研究 | 奥さまは大学院生4+平成19年度 | 奥さまは大学院生5+平成20年度 | 横浜中華街 食べ歩き1+05/09- | 猫拳masterへの道1+04/01- | 猫濱楼nekohama-ro画廊1+04/10- | 猫耳らくがきnote1+04/01- | 突撃☆おうちの晩gohan1+04/01- | 突撃☆おうちの晩gohan2+05/01- | 突撃☆おうちの晩gohan3+06/01- | 突撃☆おうちの晩gohan4+07/01- | 突撃☆おうちの晩gohan5+08/01-